iPhone

iPhoneアプリの購入履歴(購入済み)を削除する方法

iPhoneで過去に一度でもダウンロードしたアプリは、端末からアンインストール済みでもApp Storeの「購入済み」という項目に履歴が残る仕様になっています。

アプリは個人の趣味趣向が出るので、購入履歴(ダウンロード履歴)を知られたくない方は本記事を参考にして削除するようにしてください。

App Storeの購入履歴を削除する方法

まずはApp Storeを開いて画面左下の「Today」からプロフィールアイコンの順に進みます。



続いて「購入済み」へと進むと、これまでにダウンロードしたアプリが表示されるので、一覧から消したいアプリを左向きにスワイプして「非表示」をタップしてください。



これで購入済みの一覧からアプリを消すことができます。

注意点

上記の手順で購入済みのアプリを削除できるのですが、後述している方法で再表示させることができるので、完全に削除できるというわけではありません。

購入履歴(ダウンロード履歴)を完全に削除したい場合は、App StoreにサインインしているApple IDを削除する必要があります。

過去にダウンロードしたアプリの数が多くて、一つひとつ購入済みの一覧から消すのが面倒な方はApple IDの削除をご検討ください。

削除した購入履歴を再表示する方法

購入履歴から削除したものの、以前使用していたアプリの名称を思い出したいなどの理由で購入履歴を再表示したい場合はPC版のiTunesを使用します。

iTunesを起動したら「アカウント」→「マイアカウントを表示」の順に進んでください。


次に「iTunes in the Cloud 」→「非表示の購入済みアイテム」の「管理」をクリックします。


続いて対象を「App」にすると購入履歴から削除したアプリが表示されるので「表示する」をクリックしてください。



これでApp Storeの購入済み一覧にアプリが再表示されます。