Facebook

フェイスブック初心者が注意したいことを詳しく解説

フェイスブック(Facebook)を始めて間もない方やこれから登録する方など、初心者を対象にフェイスブックの注意点をご紹介いたします。

フェイスブック初心者が注意したいこと

電話番号検索される

フェイスブックは初期設定を変更しないと、誰でも電話番号であなたのアカウントを検索できるようになっています。

電話番号を使ってフェイスブックのアカウント登録を行った方は、電話番号検索できないように変更しておくことをおすすめします。

メールアドレス検索される

電話番号検索と同じように、フェイスブックにはメールアドレスでアカウントを検索できる機能があります。

誰にも知られていないメールアドレスを登録している場合は問題ありませんが、家族や職場の同僚などが知っているメールアドレスを登録している場合は、以下の手順でメールアドレス検索されないようにするかメールアドレスの変更をおすすめします。

まずは画面右下の「≡」から「設定とプライバシー」→「設定」の順に進みます。

続いて「検索と連絡に関する設定」へ進み「メールアドレスであなたを検索できる人」を「自分のみ」に変更すると、メールアドレス検索されなくなります。

Googleにプロフィールページが表示される

フェイスブックは初期設定でGoogleなど外部の検索エンジンから検索できる設定になっているので、Googleで名前を検索するとフェイスブックのプロフィールページが表示されることがあります。

フェイスブックに登録している名前が珍しければ珍しいほど、Googleで上位表示されるの可能性が高いので、外部の検索エンジンから検索されたくない方は、以下の手順で設定を変更してください。

まずは画面右下の「≡」を開いて「設定とプライバシー」→「設定」の順に進みましょう。

次に「検索と連絡に関する設定」へ進み「フェイスブック外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」をオフにしてください。

これで外部の検索エンジンから検索されないようにできます。

個人情報が流出する可能性がある

フェイスブックでは過去に5億人分以上の個人情報が流出しており、その中には名前や電話番号・メールアドレス・住所などの情報が含まれていました。

(出典:Facebook、5億人超の情報流出について「スクレイピング」されたと説明

フェイスブックは数あるSNSの中でも、原則本名登録のSNSなので名前以外に他の個人情報が紐付いた形で流出してしまうと非常にリスクが高いです。

どれだけ複雑なパスワードや二段階認証を設定しても、フェイスブック側から流出してしまう可能性はあるので、住所や職歴・学歴など、あまり事細かく個人情報を記載するのはおすすめしません。

企業の人事に見られることがある

先述の通り、フェイスブックは原則本名登録のSNSなので就職活動や転職活動先の人事があなたの人となりを調べるために、名前でアカウントを探すことがあります。

投稿の公開範囲が友達になっている場合は、アカウントが見つかっても投稿を見られる心配はありませんが、画像を投稿している場合は、一部表示されるのでお気を付けください。