インスタ

要注意!インスタのアカウントを削除(退会)して後悔する前に知るべきこと

インスタグラムのアカウントを削除(退会)する前に知っておいていただきたいのは以下の3点です。

①アカウントを削除するといかなる理由があっても復活することができない。

②アカウント削除したユーザーネームは二度と取得できない。

③アカウントを削除しても送信済みのDMは消えない。

削除理由が中傷コメントや人間関係のもつれなどの場合は特に衝動的にアカウントを消したくなるものですが、上記の理由から後々、後悔しないか慎重に検討することをおすすめします。

インスタにはアカウント削除と同じ見え方をして後日再開できる一時停止機能があります。

アカウントの削除に少しでも戸惑いがある方は、一時停止もご検討ください。

アカウントの削除前にやっておいた方がいいこと


ここからは検討の上、アカウントの削除を希望される方向けに具体的な手順を解説してまいりますが、削除前にやっておいた方がいいことを3つご紹介いたします。

バックアップ

これまでに投稿した写真や動画、フォロワーとのDMのやり取りなどを残しておきたい方は削除前にバックアップを取っておきましょう。

詳しい手順はこちらの記事を参照ください。

ユーザーネームの変更

冒頭でご紹介したようにアカウント削除したユーザーネームは二度と取得することができないので、同じユーザーネームで新しいアカウントを作成したい場合は、削除前にユーザーネームを変更しておきましょう。

DMの送信取り消し

アカウントを削除しても送信済みのDMは消えないので、削除後に以前のDMのやり取りを見られたくない方は事前に送信を取り消しおきましょう。

LINEの送信取り消し機能と違って24時間以上経過していても取り消すことができ、既読された後でも取り消し可能です。

インスタのアカウントを削除して退会する方法

インスタはアプリからアカウントを削除できないので、SafariやChromeなどのブラウザからアカウントの削除ページにアクセス(ログイン)してください。

この時の注意点としては、以前に別のアカウントでブラウザ版インスタグラムにログインしているとログイン状態が継続されている場合があります。

削除したいアカウントではなく、別のアカウントでログインしていないか、しっかりご確認ください。

削除ページに移動したら、アカウントを削除したい理由を選択してパスワードを入力します。


最後に「アカウントを完全に削除」→「OK」の順にタップすると、インスタのアカウントは完全に抹消されます。


アカウントを削除したら相手からはどう見える?


アカウントを削除するとDM以外のあらゆるデータが消えるため、相手とフォロー関係にあった場合は、相手のフォロー欄やフォロワー欄から消えてしまいます。

相手の投稿にいいねやコメントをしていた場合は、いいね欄やコメント欄からも消え、ストーリーを閲覧していた場合は閲覧履歴(足跡)からも消去されます。

相手がこちらの投稿をいいねしていたり、コレクションに保存していても、いいね履歴やコレクション内には残っていないのでご安心ください。

以前にDMのやり取りをしたことがある相手は、DM欄からこちらのプロフィールページを開けるのですが、ユーザーネームはインスタグラマーという名称に変わり、初期化されたプロフィール画像が表示されます。


相手がこちらのユーザーネームを覚えていて、ブラウザからプロフィールページのURLに直接アクセスした場合は「このページはご利用いただけません」と表示されます。

まとめ

インスタのアカウント削除に関する解説は以上です。

アカウント削除に伴うリスクをしっかりと把握の上、後悔のないように削除手続きを行っていただけると幸いです。