インスタ

インスタのブロックリストの見方!リストから削除したい時は?

インスタグラムのブロックリストの見方をご紹介いたします。

過去にブロックしたユーザーを調べたかったり、ブロックリストから特定ユーザーのブロックを解除したい方は参考にしてください。

インスタのブロックリストの見方

アプリからブロックリストを見る方法

インスタのブロックリストは以下の手順で見ることができます。

  • 手順① ホーム画面右下のプロフィールタブをタップ
  • 手順② 画面右上の「≡」をタップ
  • 手順③ 「設定」をタップ
  • 手順④ 「プライバシー設定」をタップ
  • 手順⑤ 「ブロックしたアカウント」をタップ

まずはホーム画面右下のプロフィールタブをタップして「≡」→「設定」の順に進んでください。




続いて「プライバシー設定」をタップして「ブロックしたアカウント」へ進むと、これまでにブロックしたユーザーが一覧で表示されます。


PCからブロックリストを見る方法

PC版インスタグラムからブロックリストを見たい場合は、以下の手順で見ることができます。

  • 手順① ホーム画面右上のアイコンをクリック
  • 手順② 「設定」をクリック
  • 手順③ 「プライバシーとセキュリティ」をクリック
  • 手順④ 「アカウントデータを見る」をクリック
  • 手順⑤ 「ブロックしたアカウント」のすべて見るをクリック

まずはホーム画面右上のアイコンをクリックして「設定」へ進んでください。



続いて画面左側の「プライバシーとセキュリティ」をクリックして「アカウントデータを見る」をクリックします。



最後に「ブロックしたアカウント」の下に表示されている「すべて見る」をクリックしていただくと、ログイン中のアカウントのブロックリストを見ることができます。

インスタのブロックリストから削除したい時は?

インスタにはLINEのようにブロックリストから削除できる機能は搭載されていないので、ブロックリストから削除したい場合は、ブロックを解除する必要があります。

ブロックを解除すると相手にフォローされたり、投稿を閲覧されるため、ブロックリストにそのまま放置するというのが現実的な対処法となります。

インスタのブロックリストからユーザーが消えた原因

ここからはブロックリストにブロックしたはずのユーザーがいない原因を解説いたします。

ブロックしたユーザーがアカウント削除した

ブロックしたユーザーがアカウントを削除してしまうと、ブロックリストからも消えてしまいます。

尚、相手がアカウントを復活できる30日間の猶予期間中であってもブロックリストからはいなくなります。

ブロックしたユーザーがアカウントを一時停止した

インスタにはアカウント削除と違って、30日以上経っても復活できる一時停止機能があります。

相手が一時停止期間中の場合は、ブロックリストから消えたように見えます。

ブロックしたユーザーがアカウント停止された

ブロックしたユーザーがインスタの規約に違反してアカウントを停止されていると、ブロックリストから消えたように見えます。

相手が異議申し立てをしてアカウント停止を解除されると、再びブロックリストに表示されます。

ブロックしたユーザーがアイコンやユーザーネームを変更した

ブロックしたユーザーがブロック以降にアイコンやユーザーネームを変更していると、全く別のユーザーのように見えてしまうので、ブロックリストから消えたと誤解してしまう方が少なくありません。

ブロックリストからブロックを解除して、そのユーザーの過去の投稿を調べてみると、以前ブロックしたユーザーであることが分かります。

インスタのブロックリストが表示されない原因

ブロックリスト自体が表示されなくてお困りの方は、以下の原因が考えられます。

インスタの操作画面が変わっている

本記事では、最新バージョンでのブロックリストの見方をご紹介しています。

久しくインスタのアップデートを行っていない方は、インスタの操作画面が変わっている可能性があるので、最新バージョンにアップデートするようにしてください。

インスタ側の不具合

インスタでは、これまでにブロックリストに限定された不具合が発生したことはありませんが、フィードが更新されなかったり、アプリが開けなくなったりする不具合は何度も発生しています。

ブロックリストをチェックしようとしたタイミングで同様の不具合が発生していると、ブロックリストも見られない可能性があります。