動画サイト

無料動画サイトを日本・海外別に紹介

無料動画サイトを日本・海外別にご紹介いたします。

動画サイトといえば真っ先にYouTubeを思い浮かべる方が多いと思うのですが、YouTubeが見られない中国をはじめ世界には様々な動画(共有)サイトが存在します。

YouTube以外にどんな動画サイトがあるのか気になっている方の参考になれば幸いです。

日本の無料動画サイト

かつては日本発の動画サイトが10サイト以上存在したのですが、現在アクティブに運営されているのは以下の2サイトとなっています。

ニコニコ


ニコニコ(旧:ニコニコ動画)は、YouTubeの日本語版がリリースされた2007年に誕生した日本を代表する動画サイトで動画上にコメントが流れるユニークな機能が特徴です。

カバー曲を投稿する「歌ってみた」や楽曲に合わせて踊る「踊ってみた」などの文化も生まれました。

現在はゲームや実況プレイ動画・VOCALOIDなどが人気を博しています。

FC2動画


FC2動画を運営するFC2, Inc.はアメリカに本社がある会社なのですが、設立当初の代表は日本人で、FC2動画も当初は日本語版のみリリースされていたので、日本の動画サイトに分類しました。

投稿されている動画のジャンルは動物・料理・旅行・ゲームなど多岐に渡り、YouTubeのように気になったチャンネルをフォローできる機能も搭載されています。

海外の無料動画サイト

ここからはアメリカやヨーロッパ・中国など海外の動画サイトをご紹介いたします。

Dailymotion


Dailymotion(デイリーモーション)は、フランスの会社が運営している動画サイトで、驚くことにYouTubeより一足早く誕生した動画サイトでもあります。

サービス開始の翌年には日本語にも対応していたので、一度は見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

削除されずに残っている日本のテレビ番組もチラホラ見かけますが、基本は海外のニュースやスポーツ・音楽系の動画が多いです。

Veoh


Veohはアメリカの動画サイトで、現在は日本の動画サイトでご紹介したFC2が運営しています。

以前は日本の映画やドラマが多数アップロードされていましたが、最近はパトロールが厳しくなったのか、あまり見かけなくなっています。

映画カテゴリーが用意されているため、期待してしまう方もいらっしゃると思うのですが、動画数も少なく目ぼしい作品はありません。

bilibili


bilibili(ビリビリ)は、中国版のニコニコと呼ばれる動画サイトで、ニコニコと同じように動画上を流れるコメントや生放送も楽しめます。

YouTuberのようなクリエイターも急増しており、日本のVtuberも進出しています。

日本からは再生できない動画もあるのですが、アニメやゲーム・音楽などエンタメ系の動画が満載なので、気になる方はチェックしてみてください。

YouKu


Youkuは中国第3位の動画サイトで、親会社は中国版Amazonと呼ばれるアリババです。

中国ドラマや映画がとても充実しているサイトなのですが、中国国外からの視聴をブロックしているのでVPNを経由して視聴する必要があります。

Pandora TV


Pandora TVは、YouTubeを除くと韓国最大の動画サイトです。

ポータルサイトでもあるので、Pandora TVからYouTubeなどの動画も視聴できます。

かつては日本の映画やドラマもたくさん投稿されていたのですが、逮捕者が出た影響か最近ではそのような動画は見かけなくなっています。