Twitter

Twitterのミュートワード(NGワード)の設定や効かない原因を解説

Twitterのミュートワード(NGワード)の設定や解除方法をご紹介いたします。

ミュートワードを設定しても出てくる原因やミュートワードにおすすめのワードも取り上げているので参考にしてください。

Twitterのミュートワードとは?


Twitterのミュートワードとは、指定した言葉を含むツイートをタイムラインや通知から非表示にしてくれる機能です。

特定のユーザーのツイートをすべて非表示にできるミュートと違って、目にしたくないツイートだけを非表示にできるので、ユーザーの間でとても重宝されています。

Twitterのミュートワードを設定する方法

ここからは端末別にミュートワードを設定する方法を解説いたします。

iPhoneから設定する方法

iOS版のTwitterアプリをご利用の場合は、まず「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」の順に進んでください。



続いて画面をスクロールしていき「ミュート中」→「ミュートするキーワード」の順に進みましょう。



そして画面右下の「追加する」をタップしてミュートしたいワードを入力して「保存」をタップしていただくとミュートワードの設定は完了です。


Androidから設定する方法

Android版のTwitterアプリをご利用の場合は、まずメニューを開いて「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」の順に進みましょう。



次に「ミュートするキーワード」へ進み、画面右下の「+」をタップしてください。



続いてミュートしたい単語やフレーズを入力して「保存」をタップしていただくと、ミュートワードが適用されます。

PCから設定する方法

PC版Twitterをご利用の場合は、画面左側の「もっと見る」をクリックして「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」の順に進んでください。




続いて「ミュートとブロック」→「ミュートするキーワード」の順に進み、画面右上の「+」をクリックしましょう。



そうするとミュートするキーワードを追加できるようになるので、空欄に単語やフレーズを入力して、画面右下の「保存」をクリックしてください。



これで追加したミュートワードを含むツイートがタイムラインに流れなくなります。

Twitterのミュートワードを解除する方法

iPhoneから解除する方法

iOS版Twitterアプリからミュートワードを解除したい方は、以下の手順で解除できます。

  1. 「設定とプライバシー」をタップ
  2. 「プライバシーとセキュリティ」をタップ
  3. 「ミュート中」をタップ
  4. 「ミュートするキーワード」をタップ
  5. 設定したミュートワードをタップ
  6. 「キーワードを削除」をタップ
  7. 「キーワードを削除」をタップ

Androidから解除する方法

Android版Twitterアプリからミュートワードを解除したい方は、以下の手順で解除できます。

  1. 「設定とプライバシー」をタップ
  2. 「プライバシーとセキュリティ」をタップ
  3. 「ミュートするキーワード」をタップ
  4. 設定したミュートワードをタップ
  5. 「キーワードを削除」をタップ
  6. 「はい」をタップ

PCから解除する方法

PC版Twitterアプリからミュートワードを解除したい方は、以下の手順で解除できます。

  1. 画面左側の「もっと見る」をクリック
  2. 「設定とプライバシー」をクリック
  3. 「プライバシーとセキュリティ」をクリック
  4. 「ミュートとブロック」をクリック
  5. 「ミュートするキーワード」をクリック
  6. 設定したミュートワードの右側に表示されているミュートマークをクリック

Twitterのミュートワードが効かない原因

ここからはミュートワードを設定したにも関わらず、ミュートワードを含むツイートが出てくる原因について解説いたします。

検索画面はミュートワードの対象外

ミュートワードが反映されるのは、タイムラインと通知のみです。

注記: キーワードやハッシュタグのミュートは通知とホームタイムラインにだけ適用されます。検索ではそれらを含むツイートが引き続き表示されます。

(出典:ミュートの詳細設定オプションを使用する方法

ですので、ツイート検索した際にミュートワードを含むツイートがあると検索画面に出てきてしまいます。

ツイート検索する際にミュートワードを含むツイートを避けたい方は、以下の除外検索をお試しください。

トレンドはミュートワードの対象外

上述の通り、ミュートワードが反映されるのはタイムラインと通知のみなので、気に入らないワードがトレンドに上がってくることはしばしばあります。

対象がすべてのアカウントになっていない

ミュートワードは、自分でミュート対象を「すべてのアカウント」に変更しないと初期設定では「フォローしていないアカウント」が対象になっています。

フォローしているユーザーのツイートにミュートワードが含まれている時、タイムラインに表示したくない方は、ミュート対象を「すべてのアカウント」に変更してください。

ミュートの期限が過ぎている

ミュートワードは、以下の4つの選択肢の中からミュート期間を設定できます。

初期設定ではミュートの期限はないのですが「再度オンにするまで」以外を選択していると、期限切れと同時にミュートワードが効かなくなってしまいます。

Twitter側の不具合

Twitterでは過去にミュート対象が「すべてのアカウント」から「フォローしていないアカウント」に変わる不具合が発生したことがあります。

上記の不具合はミュート対象を「すべてのアカウント」に戻すことで解決できたのですが、不具合の内容によってはミュートワードが全く機能しなくなっている可能性があります。

Twitterで以下のように検索してミュートワードの不具合を訴えているユーザーが他にもいるようでしたら、不具合が解消されるまで少しの間ご辛抱ください。

ミュートワード 効かない

ミュートワード 出てくる

ミュートワード 不具合

ミュートワード バグ

Twitterのミュートワードにおすすめのワード

ここからはミュートワードにおすすめのワードをご紹介いたします。

エンタメコンテンツの作品名

漫画やアニメ・小説・ドラマ・映画などの作品名をミュートワードに設定して望まないネタバレを回避するのが、最もポピュラーなミュートワードの使い方です。

作品名だけでなく主要な登場人物の名前や最終回・結末・ラストなどのワードも設定しておくと更に効果的です。

スポーツのチーム名

リアルタイムで観戦できないスポーツの試合があって勝敗を知りたくない時などにもミュートワードは効果的です。

スポーツのチーム名やチームに所属する選手の名前をミュートワードに追加して、不意に試合結果を知ってしまうのを回避しましょう。

コマンド

アプリのバージョンによっては効かない可能性もあるのですが、以下のコマンド一覧をミュートワードに追加していただくと、タイムラインのわずらわしいツイートを見なくて済むのでおすすめです。

suggest_activity_tweet いいねしましたを非表示
suggestactivitytweet いいねしましたを非表示
suggest_ranked_organic_tweet 人気のツイートを非表示
suggest_ranked_timeline_tweet タイムラインで人気のツイートを非表示
ActivityTweet フォロー中の人たちに人気を非表示
suggest_who_to_follow おすすめユーザーを非表示
suggest_activity おすすめのツイートを非表示
suggest_grouped_tweet_hashtag おすすめのハッシュタグを非表示
generic_activity_highlights ハイライトを非表示
suggest_activity_highlights ハイライトを非表示
suggest_recap ハイライトを非表示
suggest_recycled_tweet ハイライトを非表示

(出典:GitHub