Twitter

Twitterの退会方法(アカウント削除)や退会後の復活・再登録について

Twitterは複数のアカウント作成が認められているため、気付いたら全く利用していないアカウントがいくつもあるという事態が起きがちです。

利用していないアカウントは放置していても問題はないのですが、アカウントの整理をしたいという方は退会手続きが必要になります。

ただ単にログアウトしたりアプリをアンインストールするだけでは退会することはできません。

ここからはTwitterの退会方法や退会するとどうなるのかについて詳しく解説してまいります。

アカウントを一つしか所持していないという方もTwitterを辞めたい場合は参考にして下さい。

Twitterを退会すると消える情報(データ)

Twitterを退会すると以下のような情報が全て消去されユーザー名やアカウント名で検索しても表示されなくなります。

ツイート
いいね
DM(ダイレクトメッセージ)
フォロー
フォロワー

しかし、GoogleやYahooなどの検索エンジンにインデックスされたプロフィールが消えるのにはしばらく時間がかかります。

Twitterの退会方法【スマホ編】

以前は公式アプリからアカウントの削除を行うことはできなかったので、ChromeやSafariなどのブラウザからモバイル版Twitterにアクセスする必要があったのですが、現在ではアプリからも削除可能になっています。

iPhoneから行う場合

iOS端末からTwitterの公式アプリをお使いの場合はホーム画面左上のサムネをタップし、「設定とプライバシー」へお進み下さい。


続いて「アカウント」→「アカウントを削除」の順に進み、もう一度「アカウントを削除」をタップします。




そうするとパスワードの確認画面が表示されるのでパスワードを入力して「アカウント削除」をタップして下さい。


最終確認として「アカウントを削除しますか?」と案内されるので「削除する」を押せば退会手続きは完了となります。


パスワードを忘れてしまって退会できないという方はこちらの記事をご覧ください。

Androidから行う場合

Android端末からTwitterの公式アプリをお使いの場合は「設定とプライバシー」から「アカウント」へとお進みください。



そうすると画面最下部に「アカウントを削除」という項目があるので、そちらをタップし注意書きの下に表示されている「アカウント削除」へと進みます。



最後にパスワードを入力して「アカウント削除」をタップすれば退会手続き完了です。

Twitterの退会方法【PC編】

PC版Twitterをご利用の方は画面左側の「もっと見る」→「設定とプライバシー」→「アカウント」の順にお進み下さい。




そうすると画面の最下部に「アカウントを削除する」という項目があるのでクリックして、更に「アカウント削除」へと進みます。


最後にパスワードを入力して「アカウント削除」を押していただくとPC版Twitterから退会することができます。

退会後の復活方法


アカウントを削除したけれど、もう一度同じアカウントで出戻りしたいという場合は【電話番号】【メールアドレス】【ユーザー名】のいずれか一つとパスワードを入力しログインするとアカウントを復活させることができます。

ログインするのはTwitterの公式サイトでも公式アプリでもどちらでも大丈夫です。

ただし猶予期間は退会手続きを行ってから30日以内です。

30日を過ぎてしまうとアカウント情報は完全に消去されてしまい復活は不可能になります。

ちなみにアカウントの復活直後はこれまでのフォロー数やフォロワー数・ツイート数が正しく表示されない場合がありますが、概ね24時間以内に削除前の正しい数に戻ります。

もし数日経過しても削除前の状態に戻らないようであればアカウントの復活に関する問い合わせから問い合わせてみましょう。

退会後の再登録に関する注意点


退会後の復活方法にて解説いたしましたが、Twitterはアカウントを削除しても30日間は猶予期間が残されているためアカウント情報は完全に抹消されているわけではありません。

ですから、その期間中(30日間)は同じユーザー名やメールアドレスでアカウントを作成することはできません。

同じやユーザー名やメールアドレスでアカウントの作り直しを検討している方は事前にユーザー名や登録しているメールアドレスを変更してから退会手続きを行うようにしましょう。

もしくは退会から31日以上経過してアカウント情報が完全に消去されてからアカウントを作成するようにして下さい。

ただしユーザー名は先着制になっており全く同じユーザー名での登録は不可となっています。

他のユーザーに退会前のユーザー名を使用された場合はそのユーザー名で登録することはできないのでご注意下さい。

アカウントの乗っ取りに合った場合の退会について


身に覚えがないツイートをしていたり勝手にフォロワーにDMを送信される被害に遭っている方は、アプリ連携の解除で対処可能なので必ずしもアカウントを削除する必要はありません。

もしパスワードを盗用されて乗っ取りに合いパスワードを変更されている場合は残念ながら退会手続きを行うことはできません。

凍結されたアカウントを削除する方法


Twitterの規約に違反して凍結されてしまったアカウントには「アカウント削除」の項目が表示されておらず、退会することができません。

まずはTwitterのヘルプセンターにアクセスしアカウントの凍結に関して異議申し立てを行い凍結を解除してもらいましょう。

凍結が解除されたら本記事でご紹介した手順でアカウントを削除することができます。

まとめ

Twitterの退会に関する解説は以上です。

もし退会を行いたい理由が過去のツイートの削除であるなら、退会しなくてもまとめて削除する方法があるのでこちらの記事を参照下さい。