Twitter

Twitterの文字サイズを小さく・大きく変更する方法【iPhone/Android】

Twitterの公式アプリの文字の大きさ(フォントサイズ)はアップデートに伴って若干大きくなったり小さくなったり変更されることがあります。

そのような文字サイズの変更で見えづらくなってしまった方や視力が低下したので文字サイズを変えたいといった方々を対象に本記事ではTwitterの文字サイズを変更する方法をご紹介いたします。

Twitterの文字サイズを変更する方法

iPhoneから行う場合

iOS版のTwitterアプリをお使いの場合は「設定とプライバシー」→「画面表示とサウンド」の順にお進みください。



そうすると両端にAaと表示された文字サイズが調整できるスライダがあります。


文字サイズは4段階の中から調整することができ、初期設定では最小サイズの次の大きさに設定されています。

左へ移動させるほど小さく、右へ移動させるほど大きくなりますのでプレビューの変化を見ながら好みのサイズに変更してください。

より自分にぴったりな文字サイズに変更したいという方はTwitter以外の文字サイズも変わってしまいますが、iPhoneの設定から変更することも可能です。

設定を開いたら「画面表示と明るさ」→「文字サイズを変更」の順にお進みください。



画面下部に表示されているスライダを左右に動かすことで文字サイズを変えることができます。

Androidから行う場合

Android版のTwitterアプリからは文字サイズを変更できないので、お使いの端末の設定から文字サイズを変更する必要があります。

ただし、Twitter以外の文字サイズも変わってしまうので、その点に注意です!

端末の設定を開いたら「画面」→「文字サイズ」の順にお進みください。



そうすると文字サイズを調整できるスライダがあります。


初期設定は中サイズに設定されています。

スライダを左右に動かし、サンプルテキストを見ながら丁度良い文字サイズに変更しましょう。

PCから行う場合

PC版Twitterをご利用の場合は画面左側の「もっと見る」をクリックして「表示」へと進むとフォントサイズを変更することができます。




以前のバージョンのPC版Twitterをご利用の方は、お使いのブラウザから文字サイズを変更するようにしてください。