Twitter

Twitterを日本語表示に設定する方法!英語になる場合の簡単な直し方を紹介

Twitterアカウントを新規作成してログインした際に起こりがちなのですが、Twitterの言語設定が英語表示になってしまう現象がしばしば見られます。

本記事ではお使いの端末別に英語表示になったTwitterを日本語に戻す方法をご紹介いたします。


Twitterの英語表示を日本語に戻す方法

PCから行う場合

PC版Twitterをご利用の場合はまず画面右上のプロフィール画像をクリックして「Settings and privacy」へとお進みください。


続いて画面左側の「Account」へ進むと「Language」という項目があります。



英語表示になっている場合はこの項目がEnglishになっているので「日本語-Japanese」に変更して、Account欄の下側にある「Save changes」にパスワードを入力して再び「Save changes」をクリックすれば日本語表示に変更されます。


スマホブラウザから行う場合

iPhoneやAndroid端末でSafariやChromeを使ってTwitterを利用している場合はHomeに表示されているプロフィール画像をタップして「Settings and privacy」→「Account」の順にお進みください。




続いて「Language」へと進みEnglishから「Japanese-日本語」に変更し「Save」を押せば日本語表示になります。

アプリから行う場合

Twitterの公式アプリから言語設定を変更することはできないので、アプリ上の言語が英語で表示されているということはお使いの端末の言語設定が英語になっているということを意味しています。

ですので、以下の解説のように端末の言語設定を変更するようにしてください。

iPhone編

まずは端末の「Settings(設定)」を開いて「General(一般)」へとお進みください。



続いて「Language & Region」へと進み「iPhone Language」を日本語に変更して「Done」→「Change to Japanese」の順にタップします。




これでiPhoneの使用言語が日本語になるので、Twitterのアプリを開いても日本語表示になります。

Android編

まずは「Settings(設定)」を開いて「System(システム)」へとお進みください。



続いて「Language & input」→「Language」の順に進み、英語から日本語に変更すればAndroidの言語設定が日本語となり、Twitterアプリの言語表示も日本語に戻ります。



まとめ

英語表示になったTwitterを日本語表示にする方法は以上です。

英語表示になる現象はPC版Twitterで多く見られ、急な出来事に焦ってしまうかと思うのですが、本記事の内容を参考にして冷静に対処していただければ幸いです。