Twitter

Twitterの鍵の外し方!鍵垢解除の注意点も解説【2022年最新】

本記事ではTwitterに鍵を付けて鍵垢(鍵アカ)にしたものの、通常の公開アカウントに戻したい方のために、Twitterの鍵を外す最新の方法を解説いたします。

Twitterの鍵の外し方(鍵垢の解除方法)

iPhoneから行う場合

iOS版のTwitterアプリから鍵を外す場合は、まず「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ(安全)」の順に進みます。



そして「オーディエンスとタグ付け」へ進み「ツイートを非公開にする」という項目がオンになっているので、こちらをオフに変更してください。



これで鍵が外れた状態になり、誰でもツイートを見られるようになります。

Androidから行う場合

Android版のTwitterアプリから行う場合は、まず「設定とプライバシー」から「プライバシーと安全」の順に進みます。



続いて「オーディエンスとタグ付け」へ進み「ツイートを非公開にする」をオフにしていただくと鍵を外すことができます。


PCから行う場合

PC版Twitterをご利用の場合は、まず画面左側の「もっと見る」をクリックして「設定とプライバシー」を選択してください。



続いて「プライバシーと安全」→「オーディエンスとタグ付け」の順に進み、「ツイートを非公開にする」のチェックマークを外してください。




これでアカウントの鍵は外れて公開アカウントになります。

Twitterの鍵垢を解除する際の注意点

ここからはTwitterの鍵垢を解除する際の注意点について解説いたします。

鍵垢を解除すると鍵垢の期間に投稿したツイートも公開される


Twitterの鍵垢を解除すると鍵垢の期間に投稿したツイートであっても全てのユーザーが閲覧可能になります。

鍵垢でフォロワー以外には見られないと油断して誰かの悪口をツイートしていたり、問題になる写真や動画を投稿していなかったでしょうか。

思い当たるフシがある場合は該当のツイートを削除するなり、ツイートを全消ししてから鍵垢を解除するようにしましょう。

鍵垢を解除するとリツイートされる


鍵垢にするとリツイートボタンの色が薄くなってフォロワーであってもリツイートできなくなります。

ですが、鍵を解除するとフォロワー以外でもリツイート可能なので、思わぬ発言や投稿が瞬く間に拡散されて炎上に繋がる恐れがあります。

仮に自分のフォロワー数が30人であったとして、その30人に向けてツイートしているつもりでも、フォロワー数が1万人いるユーザーにリツイートされると少なくても1万30人のタイムラインに表示されることになります。

現実は拡散が拡散を呼んで数万人・数十万人のタイムラインに表示されることも十分にあり得るので注意が必要です。

フォローされてアカウント削除されるとブロックできない


鍵を外して今後は鍵を付ける予定はないという方は問題ありませんが、そうでない場合は、フォローされたままアカウントを削除した相手はブロックすることができないと覚えておきましょう。

アカウントを削除しても30日以内であれば復活可能なので、あなたが再び鍵垢にした時に相手がアカウントを復活させればツイートを覗き見れるというわけです。

ツイートを見られた後にまたアカウントを消されると鍵垢から追い出すことができないので注意が必要です。

あなたの鍵垢が解除されるのを虎視眈々と待ち構えているユーザーがいるかもしれないことを念頭に置いておきましょう。

おすすめユーザーに表示されるようになる

Twitterには新しいフォロー先の候補として、おすすめのユーザーを紹介してくれる機能があるのですが、鍵垢の間はおすすめユーザーには表示されません。

しかし、鍵垢を解除するとおすすめユーザーに表示されるようになるので、リア友や会社の同僚などに自分のアカウントを知られてしまう恐れがあります。