Twitter

Twitterの鍵の付け方!鍵垢にするとどうなるか注意点も含め解説

Twitterを利用していると名前の横に鍵のマークが付いたアカウントを見かけることがあります。


こちらはツイートを非公開設定にしている通称「鍵垢(鍵アカ)」と呼ばれるアカウントでフォロワーしかツイートを見ることができません。

ここからはTwitterに鍵を付ける方法や鍵垢にすると具体的にどうなるのか詳しく解説してまいります。

Twitterの鍵の付け方(かけ方)

端末別にTwitterの鍵の付け方を解説致します。

iPhoneから行う場合

iOS版のTwitterアプリから行う場合はホーム画面左上のプロフィール画像をタップして「設定とプライバシー」へと進みます。



続いて「プライバシーとセキュリティ」へと進むと「ツイートを非公開にする」という項目があるので、こちらをオンにして下さい。



これでお使いのTwitterアカウントに鍵をかけることができます。

Androidから行う場合

Android版のTwitterアプリをご利用の場合はホーム画面左上のプロフィール画像をタップして「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」の順に移動して下さい。



そうするとツイートの設定項目があるので「ツイートを非公開にする」にチェックを入れれば鍵垢にすることができます。

PCから行う場合

PC版Twitterをご利用の場合は、まず画面左側の「もっと見る」をクリックして「設定とプライバシー」へと進みます。



続いて「プライバシーとセキュリティ」へと進むと「ツイートを非公開にする」という項目があるので、こちらにチェックを入れて下さい。



最後に「非公開にする」をクリックすればアカウントが鍵垢に変わります。

鍵を付けて鍵垢にするとどうなる?

フォローが許可制に変わる

鍵を付けていない場合は誰でも自由にあなたのアカウントをフォローすることができますが、鍵を付けた場合はフォローが許可制に変わります。

届いたフォローリクエストを確認してフォローを許可するか、拒否するか決めることができます。

鍵を付ける前のフォロワーには許可制は関係ないので、鍵を付けた後にフォローされていたくないユーザーがいる場合はブロックもしくはブロ解して相手のフォローを外す必要があります。

フォロワー以外はツイートが見れなくなる


鍵を付けていない公開アカウントの状態だとフォローしていなくても誰でもツイートを見ることができます。

プロフィールページを開いてこれまでのツイートの一覧を遡ることもできますし、ツイート検索に引っ掛かって見られる場合もあります。

鍵を付けることでフォロワー以外はツイートを見れなくなるので、不特定多数のユーザーにツイートが見られるのを防ぐことができます。

ただし、巧妙な方法でツイートを見ようと試みてくる方もいるので警戒は必要です。

フォロワー以外はフォロー欄が見れなくなる


鍵を付けていない場合はプロフィールページから、誰をフォローしていて誰にフォローされているのか交友関係を調べられる可能性がありますが、鍵を付けることでフォロワー以外はフォロー欄・フォロワー欄を確認できなくなります。

フォロワー以外はいいねの一覧が見れなくなる

気軽にいいねを押している方は問題ないかもしれませんが、誰のどういったツイートに対していいねを押しているのかという情報は人によってはプライバシー性の高いものです。

鍵を付けていない場合はプロフィールページの「いいね」から、これまでにあなたがいいねしたツイートを誰でも確認することができます。


自分のいいねの傾向から趣味嗜好を知られたくないという方は鍵を付けることで、フォロワー以外にいいねの一覧を見せないようにできます。

フォロワー以外にリプを送れなくなる


厳密に言うと鍵を付けていてもフォロワー以外にリプを送ることはできるのですが、相手はリプの内容を見れませんし、誰からリプが送られてきたのか把握することもできません。

ですから、鍵を付けた後にフォロワー以外のユーザーとやり取りをしたい場合は相手の設定にもよるのですが、DMでやり取りをするか、フォローリクエストを送ってもらい許可する必要があります。

フォロワーがリツイートや引用リツイートできなくなる


フォロワーであれば鍵垢のツイートを見ることはできますが、鍵付きツイートをリツイートしたり引用リツイートすることはできません。

リプやメンションを送ることは可能です。

まとめ

Twitterの鍵の付け方や鍵垢にするとどうなるかのご紹介は以上です。

付けた鍵の外し方に関してはこちらの記事を参考にしてください。