【2023】iPhoneでTwitterセンシティブ表示の解除方法

2023年のiPhone版でTwitterのセンシティブ表示を解除する方法をご紹介します。

以下のメッセージが表示されてツイートのメディアが表示されないのは、メディアポリシーに抵触している可能性のある画像や動画をTwitter側が目に触れないように配慮してくれているのが原因です。

「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」

「このモーメントは、センシティブ(不適切)な内容が含まれている可能性があるため表示できません」

「このメディアは、表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示されません」

ただ、何ら問題ない画像や動画も規制されていることがあるので、本記事の内容を参考にして解除していただければと思います。

目次

iPhoneでTwitterセンシティブ表示の解除方法【2023】

iOS版のTwitterアプリからはセンシティブ解除不可ですので、iPhone13やiPhone14などのiOS端末をご利用の方は、SafariやChromeなどのブラウザからTwitterのウェブ版にアクセスしてください。

関連記事:Twitterをウェブから見る方法!ブラウザで開けない時の対処法も解説

アプリのアカウントとTwitterのウェブ版でログインするアカウントが同じであることを確認しましょう。

既に別のアカウントでTwitterのウェブ版にログインしていた場合、そのアカウントのセンシティブを解除してもアプリのアカウントのセンシティブは解除されません。

ログインしたら「設定とサポート」から「設定とプライバシー」→「プライバシーと安全」の順に進みます。



次に「表示するコンテンツ」へ進むと「センシティブな内容を含む可能性のあるメディアを表示する」という項目があるので、こちらにチェックを入れてください。


これでセンシティブが原因でタイムラインに表示されなくなっていた画像や動画が表示されるようになります。

ツイート検索を行っている最中にセンシティブが原因で見れないツイートがある場合は、表示するコンテンツ内にある「検索設定」から設定を変えられます。

こちらの「センシティブな内容を含むものを表示しない」にチェックが付いている場合はチェックを外しましょう。

Twitterで自分の投稿がセンシティブになる時の解除方法

上記で自分のタイムラインに出てくる画像や動画のセンシティブを解除する方法を解説しましたが、ここからは自分の投稿がフォロワーのタイムラインでセンシティブになる時の解除方法をご紹介します。

メディアから画像や動画を削除する

センシティブでない画像や動画を投稿しても、フォロワーのタイムラインでセンシティブになってしまう場合は、過去にセンシティブな画像や動画を投稿している可能性が高いです。

自分のプロフィールページを開いて「メディア」からセンシティブ判定されそうな画像や動画を削除しましょう。

尚、投稿している画像や動画が多く確認が大変な場合は、こちらのツールから画像・動画だけ一括削除できます。

フォロワー自身にセンシティブを解除してもらう

自分の投稿する画像や動画が全てセンシティブと判定されても、フォロワーがセンシティブを解除してさえいれば、画像や動画は問題なく表示されます。

自分の投稿した画像や動画がセンシティブになる旨を伝えて、フォロワーにセンシティブを解除してもらいましょう。

加えて、そのツイートをしばらく固定ツイートにしておくとフォロワーに周知できます。

Twitterに問い合わせる

メディアからセンシティブ判定されそうな画像や動画を削除したにも関わらず、その後もフォロワーのタイムラインでセンシティブになる場合は、以下の例文を参考にしてTwitterに問い合わせてみましょう。

例文

ご担当者様

過去に投稿した画像(動画)がセンシティブと判定されたためか、当該の画像(動画)を削除した後もフォロワーのタイムラインで全ての画像(動画)がセンシティブと判定されます。

今後は画像や動画を投稿する際は、メディアポリシーを遵守して投稿いたしますので、当アカウントに対するセンシティブ判定を解除していただきたいです。

Twitterでセンシティブな内容と表示される基準

最後にTwitterでセンシティブな内容と表示される基準について解説します。

Twitterのメディアポリシーによると暴力的な描写や成人向けコンテンツ、ヘイト表現を含む内容などがセンシティブの対象とされています。

これらに全く当てはまらない投稿であっても過去にセンシティブな画像や動画を投稿して通報が寄せられていたアカウントはセンシティブな内容と判断される傾向にあります。

また本人が「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する」にチェックを入れており、閲覧するかどうかの判断をフォロワーに委ねている場合も「センシティブな内容が〜」と表示されます。

その他には推測ですが、設定した生年月日から18歳未満のアカウントに対してはより厳しいフィルターをかけているのではないかと思われます。

  • URLをコピーしました!

著者

SNSやスマホ・話題のアプリのハウツー記事を執筆しています。国内で知られていないアプリやウェブサービスも積極的に取り上げています。著者情報詳細

目次