Twitter

Twitterの動画や音声を保存!DMの動画もダウンロード可能

当サイトのTwitter保存ツールの使い方をご紹介いたします。

iPhone・Android・PC それぞれ手順が異なるので、お使いの端末の解説を参照ください。

Twitterの動画や音声を保存する方法【iPhone編】

iPhone標準アプリのファイルを使用すれば、ClipboxやDropboxを使わなくてもTwitterの動画をカメラロールに保存できます。

アンインストールしている方は、こちらから再インストールしてください。

ファイル

ファイル

Apple無料

それでは保存手順の解説に移ります。

まずはTwitterで保存したい動画(音声)が投稿されているツイートのURLをコピーします。

共有ボタンをタップして「その他の方法でツイートを共有」→「リンクをコピー」の順でコピーすることができます。




※ここからの解説で使用しているブラウザはSafariです。

続いて当サイト、ダウンロードツールの「URLを入力」という欄にコピーしたURLを貼り付けてSTARTボタンをタップしてください。


そうすると動画のプレビューと保存サイズが表示されるので、お好みのサイズを選択してください。


端末の空き容量に十分な余裕がある方は大きいサイズを選択して、空き容量が不足している方は小さいサイズで保存することができます。

別のタブで動画の再生が始まったら画面左上のバツ印→「キャンセル」の順にタップし、画面下の共有ボタンから「ファイルに保存」を選択してください。




続いて保存先を「このiPhone内」の「ダウンロード」にして「保存」をタップします。


次にファイルアプリを開いて「最近使った項目」に保存されている動画を開いてください。



あとは画面左下の共有ボタンから「ビデオを保存」をタップすると、カメラロールにTwitterの動画を保存できます。


Twitterの動画や音声を保存する方法【Android編】

まずは動画(音声)が投稿されているツイートのURLをコピーしてください。

共有ボタンをタップして「その他の方法でツイートを共有」→「クリップボードにコピー」でURLをコピーできます。




※ここからの解説で使用しているブラウザはChromeです。

続いて、当サイトのダウンロードツールにURLを貼り付けてSTARTボタンをタップしてください。


保存したい動画のサイズを選択すると動画が再生開始されるので「︙」→「ダウンロード」の順にタップしてください。



これで端末のギャラリーに動画を保存することができます。

Twitterの動画や音声を保存する方法【PC編】

解説に使用しているブラウザはChromeです。

まずは保存したい動画(音声)が投稿されているツイートのURLをコピーします。

共有ボタンをクリックして「ツイートのリンクをコピー」を選択してください。



URLをコピーしたら、当サイトのダウンロードツールにURLを貼り付けてSTARTボタンを押してください。


あとは保存したいファイルのサイズを選択すれば、PC内に動画が保存されます。

DMで送られてきた動画を保存する方法

フォロワーからDMで送られてきた動画はDMの動画保存ツールでアカウントの認証を行うと保存することができます。



動画のプレビューやファイルサイズが表示されてからの保存手順は、ツイート上の動画を保存する手順と同じになります。

Twitterの動画を保存する方法【iPhone編】

Twitterの動画を保存する方法【Android編】

Twitterの動画を保存する方法【PC編】

Twitterの動画を保存できない場合

保存できる動画・できない動画をはじめ、詳しくは以下の記事で解説しています。

Twitterの動画を保存するとバレる?


Twitterの動画を保存しても相手に「○○さんが動画を保存しました」といった通知が届くことはないので相手にバレる心配はありません。

ただし、保存した動画を自分のTwitterに投稿すると拡散などがきっかけでバレる可能性があります。

Twitterの利用規約には以下の記述があるのですが、動画の投稿者に著作権がないわけではありません。

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社があらゆる媒体または配信方法(既知のまたは今後開発される方法)を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。

(出典:Twitter サービス利用規約

投稿者に無断転載を指摘される場合もあるので注意が必要です。