iPhoneからYouTubeをブラウザで開く方法!開けない時の対処法も解説

YouTubeをブラウザで開きたい方向けに、iPhoneからブラウザで開く方法をご紹介します。

ブラウザで開けない時の対処法も取り上げているので参考にしてください。

目次

iPhoneからYouTubeをブラウザで開く方法

iPhoneのSafariで開く方法

iPhoneでSafariをお使いの場合は、まずGoogleで「YouTube」と検索してください。

検索結果が表示されたら、そのままタップしてアクセスするのではなく、長押しして「新規タブで開く」を選択しましょう。



これでSafariブラウザからYouTubeを開くことができます。

iPhoneのChromeで開く方法

iPhoneでChromeをお使いの場合は、Googleで「YouTube」と検索して、長押し→「新しいタブで開く」の順に操作してください。



これでChromeブラウザからYouTubeを開けます。

URLをアドレスバーに貼り付けて開く方法

以下のURLをコピーしてブラウザのアドレスバーに貼り付けていただくと、アプリに移動することなく、YouTubeをブラウザで開けます。

https://m.youtube.com/

YouTubeをブラウザで開けない時の対処法

上記の手順でブラウザからYouTubeを開けない時は以下の対処法をお試しください。

アプリを削除してからブラウザで開く

Androidは最初からプリインストールされているため削除できないのですが、iPhoneをご利用の場合は、一度YouTubeアプリを削除してからブラウザでYouTubeを開くようにしてください。

ホーム画面にYouTubeアプリがないため、ブラウザから勝手にアプリに移動するのを防ぐことができます。

別のブラウザで開く

本記事では、複数のブラウザでYouTubeを開く方法をご紹介しているので、お使いのブラウザでYouTubeを開けない場合は別のブラウザで開くようにしてください。

YouTubeをブラウザで使うメリット

アプリで不具合が起きている時に使える

YouTube全体で不具合が起きている場合は、ブラウザであっても影響を受けますが、YouTubeアプリに限定された不具合であればブラウザの使用が効果的な対処法になります。

YouTubeをブラウザで使うデメリット

画質の選択肢が少ない

YouTubeアプリが6種類から画質を選択できるのに対して、ブラウザ版は4種類しか選択できません。

高画質でYouTubeを視聴したい方は、YouTubeアプリの方がおすすめです。

  • URLをコピーしました!

著者

SNSやスマホ・話題のアプリのハウツー記事を執筆しています。国内で知られていないアプリやウェブサービスも積極的に取り上げています。著者情報詳細

目次