YouTube

YouTubeでチャンネル登録するデメリット・メリットを紹介

YouTube(ユーチューブ)を見ていると、ユーチューバーがチャンネル登録のお願いをしていたり、動画の最後などでチャンネル登録を促す画面を見かけることがあります。

本記事では、このチャンネル登録を行うデメリット・メリットについてご紹介いたします。

YouTubeのチャンネル登録とは?

YouTubeのチャンネル登録とは、動画を投稿しているチャンネル(アカウント)をお気に入りに追加することです。

公開動画であればチャンネル登録の有無に関わらず、いつでも動画を視聴できます。

YouTubeでチャンネル登録するデメリット

それではチャンネル登録のデメリットを解説していきます。

デメリット1:チャンネル運営者にバレることがある

初期設定では「すべての登録チャンネルを非公開にする」がオフになっているので、チャンネル登録してもチャンネル運営者にバレる心配はありません。

ですが、上記の設定をオンに変更していたり、YouTube側の仕様変更や不具合などが原因でチャンネル登録がバレる可能性はゼロではありません。

デメリット2:見たい動画が埋もれる可能性がある

チャンネル登録はタップ(クリック)ひとつで簡単に行うことができ、最大2000チャンネルまで登録できるのですが、あまりに多くのチャンネルを登録していると見たい動画が埋もれてしまう可能性があります。

ですので、チャンネル登録は必要最小限にする、見なくなったチャンネルは登録解除するのがおすすめです。

デメリット3:どの動画を見るか悩んでしまう

上述の通り、チャンネル登録は最大2000チャンネルまでできるので、たくさんチャンネル登録していると、どの動画を見るか非常に悩んでしまいます。

決定回避の法則と呼ばれる心理現象があるように、中には悩んだ挙げ句、どの動画を見るのもやめてしまう方もいらっしゃいます。

デメリット4:時間を浪費してしまう

チャンネル登録することで、好きなユーチューバーの動画が「登録チャンネルタブ」に次々と流れるので、1日に何分・何時間までと制限を決めていないと、時間を浪費してしまう恐れがあります。

YouTubeでチャンネル登録するメリット

ここからはチャンネル登録のメリットを4つご紹介いたします。

メリット1:動画が投稿されると通知が届く

YouTubeでチャンネル登録すると、登録したチャンネルが動画を投稿したタイミングでプッシュ通知やメール通知が届きます。

通知は、チャンネル毎に「すべて」「カスタマイズされた通知のみ」「なし」と細かく設定可能なので、絶対に見逃したくないチャンネルだけ通知を受け取ることもできます。

メリット2:動画がタイムラインで表示される

登録中のチャンネルが投稿した動画は「登録チャンネルタブ」に、新しい順から古い順にタイムライン形式で表示されます。


チャンネル登録をしていないと、一つ一つチャンネル名を検索して新しい動画が投稿されていないか確認しなくてはいけませんが、タイムラインを遡るだけで新しい動画を見つけられるので便利です。

メリット3:好きなユーチューバーを応援できる

ユーチューバーでチャンネル登録者数が気にならない方はいないといっても過言ではないほど、どのユーチューバーもチャンネル登録者数の増加を目標に活動されています。

スパチャやコメントほどは目立ちませんが、チャンネル登録することで好きなユーチューバーを応援できます。

メリット4:ブックマーク代わりになる

なんとなくYouTubeを開いていて、気になる動画やユーチューバーを見つけたものの、じっくり動画を見る時間が無い時などに、チャンネル登録はブックマーク代わりとして使えます。

YouTubeには「後で見るに保存」という機能がありますが、意外と見忘れることが多いものの、チャンネル登録は通知やタイムラインで気付けれるのがメリットです。

YouTubeでチャンネル登録する方法

チャンネル登録のデメリット・メリットをお伝えしたところで、ここからはチャンネル登録の仕方をご紹介いたします。

アプリからチャンネル登録する方法

まずは画面右上のアイコンをタップして「ログイン」へ進んでください。

Googleアカウントを既にお持ちの場合は、Gmailアドレスとパスワードを入力していただくとYouTubeにログインでいます。

YouTubeにログインしたら、チャンネル登録したいチャンネルの動画やホームを開いて「チャンネル登録」ボタンをタップしてください。

これでチャンネル登録完了です。

PCからチャンネル登録する方法

まずはお使いのPCブラウザからYouTubeにアクセスして画面右上の「ログイン」をクリックしてください。

そしてGmailアドレスを入力して「次へ」進み「パスワード」を入力して「次へ」進んでいただくとYouTubeにログインできます。

あとはチャンネル登録したいチャンネルの動画やホームを開いて「チャンネル登録」ボタンをクリックしていただくとチャンネル登録できます。

YouTubeのチャンネル登録に関する、よくある質問

ここからはYouTubeのチャンネル登録に関する、よくある質問に回答いたします。

登録可能なチャンネル数の上限

デメリットの項目で触れましたが、登録可能なチャンネル数の上限は最大2000チャンネルです。

ただし、YouTubeのヘルプには自分のチャンネルが成長すると登録できるチャンネル数の上限も増えると記載されているので、登録者数や動画の投稿数・再生時間などが伸びることで登録できるチャンネル数は増えると思われます。

尚、1日に登録できるチャンネル数の上限は75チャンネルとなっています。

チャンネル登録者数のランキングを知りたい

チャンネル登録者数のランキングを知りたい場合は、以下のランキングサイトが参考になります。

ユーチューラ


(引用:yutura.net)

ユーチューラは国内で最も有名なYouTubeのランキングサイトです。

ランキング以外にもユーチューバーに関するニュースが充実しているので、YouTube好きには必見のサイトです。

かむなび


(引用:navi.kamuitracker.com)

かむなびはクリエイターや企業向けの情報も充実しているYouTubeのランキングサイトです。

これからYouTubeを始めてみたい方は、ランキングと一緒にチェックしてみてください。