LINE

LINEの年齢確認ができない原因や対処法(ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIM)

LINE(ライン)でID検索や電話番号検索を使うには、年齢確認を行って18歳以上であることが確認されなければなりません。

本記事では、この年齢確認ができない原因や対処法について詳しくご紹介いたします。

LINEの年齢確認ができない原因や対処法

18歳未満


LINEの年齢確認をパスできるのは18歳以上のユーザーに限られます。

LINEの年齢確認は通信事業者から提供されている年齢判定情報をもとに行われており、スマホを契約する際に提出した本人確認書類の生年月日から18歳未満かどうかを判定しています。

例え契約者の名義が保護者であっても、家族割などを申し込む際に、実際の利用者はお子様として申告している場合(利用者登録制度)は、弾かれてしまいます。

こちらはLINEの仕様上どうすることもできないのですが、年齢確認を行わないと使えない機能は後述している方法で代替できます。

格安SIMの多くは年齢確認できない

最近でこそLINEで年齢確認できる格安SIMが増えてきましたが、それでも多くの格安SIMでは年齢確認できません。

LINEで年齢確認できるのは、大手通信キャリアをはじめ以下の通信事業者です。

ドコモ
au
ソフトバンク
ワイモバイル
楽天モバイル
mineo
IIJmio

キャリアアカウントのパスワードを忘れた場合

年齢確認を行うには各キャリアのアカウントにログインする必要がありますが、パスワードを忘れてログインできない方は、以下の公式サイトを参考にしてパスワードをリセットしてください。

ドコモをご利用の場合
auをご利用の場合
ソフトバンクをご利用の場合
ワイモバイルをご利用の場合
楽天モバイルをご利用の場合

LINEでエラーが発生している


18歳以上で年齢確認可能な通信事業者を利用しているにも関わらず、「年齢認証中にエラーが発生しました。もう一度お試しください。」などのエラーメッセージが表示される場合は、LINEで不具合が起きている可能性が高いです。

実際にLINEでは、過去に不具合で年齢認証できないユーザーが相次いだことがあるので、Twitterで以下のように検索してLINEの不具合状況をご確認ください。

LINE 年齢認証できない

LINE 年齢認証 エラー

LINE 年齢認証 不具合

通信事業者でエラーが発生している


お使いの通信事業者で通信障害や年齢判定情報の提供にエラーが発生している可能性も考えられます。

以下のようにツイート検索してみて、他にも通信事業者の不具合を訴えているユーザーが多いようでしたら、復旧後に改めて年齢確認するようにしてください。

通信事業者名 不具合

通信事業者名 障害

インターネット回線の接続が不安定


LINEで年齢確認を行おうとしたタイミングで、インターネット回線の接続が不安定になっていると次のページに切り替わらなかったり、エラーメッセージが表示される場合があります。

LINEだけでなく、ブラウザ検索や他のアプリの挙動からも回線の接続が不安定だと思われる場合は、回線の接続を安定させてから年齢確認を行ってください。

法人契約

営業会社などでは、会社がスマホを法人契約して社員に貸与しているケースが多く見られますが、法人契約は年齢判定情報の対象外となっているので、LINEで年齢確認することができません。

QRコードで友だち追加する


ご自身の年齢が18歳未満であったり、年齢確認できない格安SIMをお使いの場合は、仕様上、ID検索や電話番号検索は行なえませんが、QRコードでの友だち追加は可能です。

自分のアカウントのQRコードを送って友だち追加してもらうこともできますので、詳しくは以下の記事を参照ください。

LINEで年齢確認する方法

ここからはLINEの新規登録時に年齢確認をスキップされた方のために、LINEの設定から年齢確認する方法をご紹介いたします。

まずは画面右上の歯車マークをタップして「年齢確認」→「年齢確認結果」の順に進んでください。




そしてお使いの通信事業者を選択してキャリアアカウントにログインしていただくと、年齢確認できます。