LINE

LINEアカウントが消えた!復元(復活)できるケース・できないケースを解説

LINEアカウントが消えてしまってお困りの方を対象に、アカウントを復元できるケース・できないケースについて詳しくご紹介いたします。

LINEアカウントを復元(復活)できるケース

アンインストールしてしまった

間違ってLINEをアンインストールしてしまってもアカウントは消えていません。

App StoreやPlayストアを開いてLINEを再インストールし、電話番号でログインしていただくと、アンインストール前のアカウントを使うことができます。

ただし、トーク履歴はバックアップしていないと復元できません。

アプリが消えてしまった

自分でLINEをアンインストールしていなくても、設定の変更などで画面からLINEアプリが消えてしまうことがあります。

こちらもアンインストールと同様、アカウント自体は消えていないので、以下の記事を参考にしてアプリを見つけ出してください。

LINEアカウントを復元(復活)できないケース

アカウントを削除した

Twitterやインスタ・FacebookなどのSNSは、アカウント削除から30日以内にログインするとアカウントを復元できますが、LINEは一度アカウントを削除すると復元できない仕様になっています。

一度削除したLINEアカウントは、復元できません。
アカウントを削除すると、購入した有料スタンプ、LINEに登録した電話番号、友だちやグループのリスト、トーク履歴、連動アプリ(LINE ゲーム⋅LINE PLAYなど)の登録など、全てのデータも削除されます。

(出典:LINEヘルプセンター

アカウントを乗っ取られて削除された

近年は、設定をオンにしてから36時間の間だけアカウントの引き継ぎができる機能が導入されたり、スマホ以外の端末から初回ログインする際に本人確認が必要になったため、LINEの乗っ取り被害はほとんど起こらなくなりました。

しかし、言葉巧みに認証番号を聞き出されるなどしてアカウントを乗っ取られて削除されてしまった場合は残念ながら復元できません。

どうしても諦めがつかない方は、お問い合わせからダメ元で問い合わせてみましょう。

アカウントを上書きしてしまった

LINEに登録済みの電話番号を使って、他の端末でLINEの新規登録を行うとアカウントが上書きされて、今まで使っていたアカウントは消えてしまいます。

こちらのケースに該当する場合は、アカウントの削除と同じ扱いになるため、前のアカウントに戻したくても戻せません。

アカウントが利用停止された

オープンチャットは規約に違反してしまっても、利用制限期間を過ぎると再度使えるようになるケースもあるのですが、通常の利用でアカウントを停止されてしまうと復元することはできません。

以下のようなアカウント停止理由に身に覚えがない方は、お問い合わせからダメ元で問い合わせてみてください。

不特定多数にスパムメッセージを送信した
不特定多数が閲覧できるサイトにIDを掲載した
複数のユーザーから通報された