LINE

LINEの文字のフォントを変更する超簡単な方法【iPhone/Android】

本記事ではLINEのトークに使われている文字のフォントをデフォルト(初期)のものから変更する方法についてご紹介いたします。

LINEの文字のフォントを変更する方法

iPhone/Android共通の方法

トークの文字を賑やかにしたい場合はLINEの標準機能であるデコ文字を利用しましょう。

解説に使用している画像はiOS版のLINEですが、Android版の手順もほぼ同じになります。

まずは歯車マークの設定から「トーク」へとお進みください。



続いて「サジェスト表示」へと進み、こちらをオンにします。



これでトーク上でアルファベットやひらがな・カタカナを入力するとデコ文字が候補として表示されるようになります。


こちらの方法では一文字ずつデコ文字に変換する必要があるので、それは面倒だという方はデコ文字をダウンロードするようにしましょう。

手順はメッセージの入力画面にある顔型アイコンから歯車マークのマイスタンプへと進み、「絵文字」を選択します。




この一覧の中にデコ文字が用意されているので必要なものをダウンロードしてください。

ダウンロードが済んだら再びメッセージの入力画面にある顔型アイコンをタップしてください。


続いて画面左下の顔型アイコンへと進むとダウンロードしたデコ文字を連続で入力することができます。


iPhoneから行う場合

iPhoneはAndroidのように端末の設定からフォントの種類を変えることはできないので、アプリを用いた方法をご紹介いたします。

もじぺったん

もじぺったん
もじぺったん
開発元:nodoa 無料

アプリをインストールして起動したらトークで送りたいメッセージを入力しましょう。

続いて入力画面の上部に表示されている8種類のフォントのいずれかを選択してください。


無難に使用できるのは「囲み」「モクモク」「へた」などになります。

フォントの変更が済んだら矢印先のマークをタップして「Copy」します。



後はLINEのトーク画面を開いてコピーしたメッセージを貼り付けて送信すれば完了です。

Androidから行う場合

全ての機種でないのですが、Androidは端末からフォントを変更することができます。

端末側で用意されているフォントに好みのものがない場合はアプリを利用して追加することも可能です。

設定から変更する方法

端末の設定を開いたら「ディスプレイ」→「フォントスタイル」の順にお進みください。



そうすると使用可能なフォントが一覧で表示されており、そちらから変更することができます。

アプリを利用してフォントの種類を増やす方法

まずはAndroidで人気の以下のようなフォントアプリをインストールしましょう。

HiFont –クールフォントテキスト無料+スタイリッシュFlipFont
HiFont –クールフォントテキスト
開発元:Hi Fonts 無料
FontFix(無料)
FontFix
開発元:JRummy Apps 無料
AR丸ゴシック体M
AR丸ゴシック体M
開発元:SHARP CORPORATION 無料

アプリを開いて好みのフォントをダウンロードしたら設定から変更する方法にて取り上げたフォントスタイルの一覧にダウンロードしたフォントが追加されています。

PCから行う場合

PC版LINEには標準でフォントの変更機能が搭載されています。

ただし自分のトーク画面のフォントが変更されるだけで相手側の画面のフォントまでは変更されません。

手順は画面左側の「…」をクリックし「設定」→「トーク」の順に進みます。



そうすると「フォント」という項目があるので、こちらから既定のフォントを変えることができます。