インスタ

インスタの鍵の付け方!非公開にするメリットやデメリットも解説

インスタグラムのアカウントに鍵をかけて非公開にする方法(鍵垢)をご紹介いたします。

非公開設定を行ってもフォロー外のユーザーにコメントしたり、DMを送ることはできるのでご安心ください。

インスタの鍵の付け方(かけ方)

iPhoneやAndroidから行う場合

アプリを起動したら画面右下のプロフィールタブをタップして「メニュー」→「設定」の順に進んでください。




続いて「プライバシー設定」→「アカウントのプライバシー設定」の順に進み、「非公開アカウント」をオンにします。




これで鍵マークの付いた非公開アカウントに変わります。

PCから行う場合

PCブラウザからインスタに鍵を付けたい場合は、プロフィールページの設定(歯車マーク)をクリックして「プライバシーとセキュリティ」を選択してください。



そして「非公開アカウント」にチェックを付けていただくと、アカウントに鍵がかかった状態になります。

インスタを非公開にするメリット

フォロー外のユーザーに投稿を見られない


インスタに鍵を付けていない公開アカウントの場合は、フォローされていないユーザーにも投稿を見られてしまいます。

ハッシュタグ検索で偶然見られる場合もあれば、プロフィールページから過去の投稿を隈なくチェックされることもあります。

しかし、非公開にすると後述している一部の例外を除いて、フォローを許可していないユーザーは写真や動画・ストーリー・ライブ配信を無断で見れなくなります。

フォロー外のユーザーにフォロー欄を見られない


中には投稿を見られるより、インスタで誰と繋がっているか交友関係を知られたくない方もいらっしゃると思います。

鍵を付けていない場合は、プロフィールページからフォロー欄・フォロワー欄を誰でも確認できるのですが、鍵を付けることでフォロー数・フォロワー数は表示されるものの、誰と繋がっているのか調べれられないようにできます。

インスタを非公開にするデメリットや注意点

フォローするとブロックされやすい


鍵垢でフォローすると公開アカウントでフォローするよりもブロックやフォロワー削除される可能性が高いです。

自分が逆の立場になって考えると分かりやすいのですが、相手の素性が分かりにくい鍵垢にフォローされると少し不気味な印象を受けるはずです。

フォロワー数の多いユーザーや企業アカウントであれば、鍵垢でフォローしても問題ありませんが、フォロワー数が一桁や二桁で仲間内で楽しんでいる方には警戒される恐れがあります。

他のSNSにシェアすると投稿が見れてしまう


TwitterやFacebookと連携したまま投稿してしまうと、インスタでフォロー許可していなくても、それらのSNSの公開設定によっては投稿が見れてしまいます。

TwitterはIFTTTというアプリを使用していなければ、URLだけが表示されて写真までは表示されないのですが、Facebookは写真も動画も表示されるのでご注意ください。

リポストされるとフォロー外のユーザーに見られる


他のSNSへのシェアは連携を解除したり、自分自身が気を付けることで未然に防げますが、フォローを許可しているユーザーのリポストまでは防げません。

リポストは他人の投稿を保存して再投稿する仕組みなので、非公開アカウントに対しても行えてしまうのです。

こういったインスタの仕様を突いて鍵垢の投稿を見る人もいるので注意が必要です。

フォロー許可しているユーザーにはリポストしないよう周知を徹底するか、もしリポストされても問題ない投稿を心掛けましょう。

非公開にしてもおすすめには表示される

非公開にしても「フォローする人を見つけよう」やユーザーをフォローした直後のおすすめ欄には表示されてしまいます。

おすすめユーザーとして表示されたくない場合は、インスタのヘルプと以下の記事を参照ください。

アカウントが乗っ取られるリスクは変わらない


鍵を付けてプライバシー強化するとセキュリティまで高まったような錯覚を覚えるのですが、インスタを非公開にしてもアカウントの乗っ取りは防げません。

アカウントを乗っ取られたり、不正ログインされてしまうと、これまでの投稿が丸見えになってしまうので、二段階認証を設定して未然に防止するようにしましょう。

まとめ

インスタの鍵の付け方や非公開設定に伴うメリットやデメリット・注意点は以上です。

インスタの鍵を外す際の注意点は以下の記事で解説しているので参考にしてください。