Skype

Skypeの改行をエンターキーで行う最新の設定方法【Windows/Mac】

WordやパワーポイントなどマイクロソフトのOffice製品はEnterキーで改行(階段落)することができるのに、Skypeはメッセージの入力中にEnterキーを押すと相手にメッセージが送信されてしまいます。

本記事ではEnterキーでの改行が習慣づいている方のために、Skypeの改行をEnterキーで行う設定について解説いたします。

Skypeの改行をEnterキーで行う設定方法

Skypeを起動させたらまずは画面左上の「…」をクリックして「設定」へとお進みください。



続いて「メッセージング」へと進み「Enterキーを送信してメッセージを送信します」をオフに変更するとEnterキーでメッセージが送られることはなく改行が可能になります。


バージョンが変更されて改行の設定ができない場合

Skypeは定期的にバージョンアップされており、設定項目が刷新されることがしばしばあります。

上記でご紹介した改行をEnterキーで行う設定方法がなくなってしまった場合は以下の方法で改行を行うようにしてください。

Windows版をお使いの場合


Windows版のSkypeをお使いの場合はShiftキーを押しながらEnterキーを押すことで改行することができます。

一行分の空白を入れたい場合はShiftキーを押しながらEnterキーを2回押してください。

ショートカットキー以外の方法としてはメモ帳にあらかじめ送信したい文章を入力しておき、コピー&ペーストするという方法もあります。

Mac版をお使いの場合


Mac版のSkypeをお使いの場合はOptionキーを押しながらEnterキーを押すことで改行することができます。

一行分の空白を入れたい場合はOptionキーを押しながらEnterキーを2回押すようにしてください。

ショートカットキー以外の方法としてはSkype上でメッセージを入力するのではなく、テキストエディットに文章を入力してコピーして貼り付けでも改行可能です。

改行前にメッセージを送信してしまった場合

Skypeは送信済みのメッセージであっても削除することができます。

消したいメッセージにカーソルを合わせて「︙」をクリックし「削除」を選択してください。



こちら側のチャット画面のみならず、相手側のチャット画面からもしっかりと削除されます。