スマホ

スマホのライト(懐中電灯)の付け方やつかない時の対処法

iPhoneやAndroidでライト(懐中電灯)を付ける方法をご紹介いたします。

アプリをインストールしなくてもライトは標準で搭載されているので、夜道の帰宅や停電に見舞われた際にご利用ください。


iPhoneのライトの付け方や消し方

iPhoneはコントロールセンターからライトを付けることができます。

iPhone X 以降のホームボタンがない機種をご利用の場合は、画面右上から下に向けてスワイプしてコントロールセンターを表示し、その中から懐中電灯のアイコンをタップしてください。



iPhone 8 以前のホームボタンがある機種をご利用の場合は、画面下から上に向けてスワイプするとコントロールセンターが表示されるので、その中から懐中電灯のアイコンをタップしてください。



そうするとiPhone背面のLEDライトが点灯します。

ライトを消したい場合は懐中電灯のアイコンをもう一度タップすると消えます。

ライトの明るさを調節する方法

懐中電灯のアイコンを長押しすると4段階で明るさを調節できるようになります。調節はライトを付けている時でも付けていない時でもどちらでも可能です。



一番下はオフで上に向かうほど明るさが強くなります。

iPhoneのライトがつかない時の対処法

コントロールセンターに懐中電灯のアイコンがなくてライトを付けられない場合は、まず端末の設定を開いて「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」の順に進んでください。



そして「フラッシュライト」の左側のプラスマークをタップするとコントロールセンターに懐中電灯のアイコンが追加されます。


コントロールセンターに懐中電灯のアイコンがあるにも関わらず、ライトがつかない場合は以下の対処法をお試しください。

OSのバージョンを最新にする

iPhoneを強制的に再起動する

すべての設定をリセットする ※デメリットあり

iPhoneを初期化する ※デメリットあり

Androidのライトの付け方や消し方

Androidはクイック設定パネルからライトを付けることができます。

画面上部から下向きにスワイプするとクイック設定パネルが表示されるので、その中から懐中電灯のアイコンをタップしてください。


ライトを消したい場合は再び懐中電灯のアイコンをタップしてください。

Androidはライトの明るさを調節できない

残念ながらAndroidはライトの明るさを調節できません。

ライトを暗めにして消費電力を抑えたい方にとってはやや不便ですが、ライトの明るさはiPhoneの4段階中の3レベルの明るさなので、明るさをお求めの方には十分事足ります。

Androidのライトがつかない時の対処法

クイック設定パネルに懐中電灯のアイコンがなくてライトを付けられない場合は、クイック設定パネルを開いて編集ボタンをタップしてください。


そして「懐中電灯」をドラッグして追加するとクイック設定パネルに表示されるようになります。


クイック設定パネルに懐中電灯のアイコンがあるにも関わらず、ライトがつかない場合は以下の対処法をお試しください。

•OSのバージョンを最新にする

•Android端末を強制的に再起動する

•ライト(懐中電灯)アプリを使用する

•Androidを初期化する ※デメリットあり