ツイキャス

ツイキャスのお茶やお茶爆の意味・投げ方!お茶爆の収益はいくら?

ライブ配信アプリのツイキャスを視聴していると、

・初見さんはよかったらお茶一個投げていって下さい

・赤字なのでお茶爆お願いします

といったセリフを耳にすることがあると思います。

お茶はアイテムの一種


お茶というのはツイキャスに用意されている10種類以上のアイテムの中の一つで、もっとも少ないポイント(10ポイント)で送ることができるアイテムです。

お茶というとほっと一息つきたい時に飲むものでもありますし、放送中の画面をエフェクトで邪魔することもないのでアイテムの中で最も定番化しています。

お茶に限った話ではありませんが、アイテムを受け取った配信者にはにぎやかMPというものが加算されていき、おすすめの上位に表示されやすくなったり、毎日のランキングに取り上げられたりします。

お茶爆10


お茶爆という言葉は持っているポイントを使ってお茶を連続で送ることをツイキャスユーザーがごくごく自然に用いていたところ、運営が正式に採用したものです。

24時間経過で付与される無料ポイントは100ポイントなので、そのポイント全てをお茶に利用しようとする場合、合計で10回お茶を投げる必要があります。(お茶は1個10ポイント)

しかし、お茶爆10を利用すれば一回の操作で済むので非常に楽です。

お茶爆50・お茶爆100


お茶爆50やお茶爆100は画面左上の配信時間が赤字になっている3分間のみ投げることができ、配信者に収益が還元されるアイテムになっています。

無料ポイントだけでこれらのアイテムを送るのは困難なので、ポイントを購入する必要があります。

ポイントの購入は画面左上の三本線をタップし「マイページ」→「ポイントの購入」から行えます。




注意点としてはお茶爆50やお茶爆100は全ての配信者に対して送れるわけではありません。

まず前提として直近3ヶ月の総視聴時間が100時間を満たない配信者はお茶爆50やお茶爆100を受け取る設定が行なえません。

またこの条件を満たしていても受け取り設定をしていない場合は配信時間が赤字になってもアイテム一覧にお茶爆50やお茶爆100は表示されません。

お茶爆50・100は配信者にいくら還元される?

無料で貰えるポイントと購入したポイントを足してお茶爆50やお茶爆100を送信しても無料ポイント分は配信者に還元される収益の計算対象としてみなされません。

全て購入したポイントで送った場合は以下の金額が配信者の取り分になっています。(※今後、変更の可能性あり)

・お茶爆50=500ポイント=350円

・お茶爆100=1000ポイント=700円

収益は「アカウントメニュー」の「収益管理」に申請可能額が反映されると支払い申請を行うことができ、5日締め25日払いもしくは20日締め翌月10日払いでご登録の銀行口座に振り込まれます。

お茶を含むアイテムの投げ方

お茶を含むアイテムの投げ方はとても簡単です。

配信画面上の拍手ボタンをタップしていただくとアイテムの一覧が表示されるので保有しているポイント内で投げられるアイテムを配信者に送ってみましょう。


アイテムを画面から非表示にして消す方法

本記事でご紹介しているお茶爆は人気配信者だと、それこそ画面いっぱいに表示されます。


画面に表示されるアイテムは見ていて賑やかで楽しいのですが、配信者がゲーム配信や外配信などを行っていて、しっかりと画面を見ながら閲覧したい時は少し邪魔だったりします。

そういう時は画面左上の三本線のマークをタップし「設定」から「画面に表示する」をオフにすればお茶爆以外のアイテムも画面に表示されなくなります。



お茶以外のアイテムの意味

ここからはお茶以外でよく利用されるアイテムをいくつかご紹介します。

コンティニューコイン


ツイキャスの放送は30分区切りとなっており、30分延長したい場合は5枚のコンティニューコインが必須となっています。

最大時間である4時間放送を行いたい場合は35枚のコインをリスナーさんから貰う必要があるということですね!

ただ閲覧数が一桁の配信者さんなどは中々、コインを集められない現状があるので、30分で一旦放送を終了してすぐに枠を取り直す傾向にあります。

拍手


特に利用用途が限定されるわけではないのですが、歌枠やピアノなどの演奏枠でよく見かける印象です。

また自転車や徒歩などで長距離移動配信を行っている方などがゴールした瞬間に拍手喝采になっているのを目撃したことがあります。

花火


こちらは画面いっぱいに花火が盛大に上がるエフェクトが楽しめるアイテムで拍手同様、おめでとうやすごいといった感情を表現する際に用いられている印象です。

まとめ

ツイキャスのお茶の意味や投げ方・その他アイテムのご紹介は以上になります。

アイテムは配信を盛り上げるのに無くてはならない存在で、実際に投げてみると結構楽しかったりしますよ。

コメントは恥ずかしくてなかなか送れないという方もアイテムなら気軽に投げられると思います。