Twitter

Twitterが重い原因や対処法【iPhone/Android/PC】

普段はサクサクと快適に動いてくれるTwitter(ツイッター)ですが、まれに異常なくらい重くなってタイムラインの読み込みが遅くなることがあります。

本記事ではTwitterが重い原因や対処法について詳しく解説いたします。

Twitterが重い原因や対処法

Twitter側の不具合

初期のTwitterはサーバーの処理能力の限界で頻繁にダウンを繰り返していたのですが、サーバーの増強に伴ってサイトが落ちたり、アプリが開けなくなる頻度はかなり減少しました。

しかし、こういったサーバーの不具合が完璧にゼロになることはありません。

Twitterが今、重いのは自分だけなのか?それとも全体的に他のユーザーの間でも重くなっているのかをまず確認してみましょう。

ダウンディテクターというサイトにアクセスすると現在、Twitterでシステム障害が起きているかどうかを調べることができます。


その他にも、Yahoo!リアルタイム検索にアクセスして「Twitter 重い」と検索し、他にもTwitterが重くて使いづらいと訴えているユーザーが多くいるようでしたら、Twitterの不具合が解消されるのをお待ちください。

ネットの接続不良


Twitter側の不具合を除いて、次に多く見られる原因がネットの接続不良です。

ネットの接続が不安定になっていると、Twitterだけでなく他のアプリでも画面の切り替わりが遅くなったりします。

アンテナの本数やWi-Fiマークの曲線を確認して、ネットの接続が悪くなっているようでしたら、以下の対処法が効果的です。

モバイルデータ通信をオフ・オン切り替える
Wi-Fiをオフ・オン切り替える
Wi-Fiをオフにしてモバイルデータ通信で接続する
ネットの接続が安定する場所に移動する

キャッシュの溜まり過ぎ

Twitterの公式アプリはストレージにキャッシュが保存される仕組みになっており、一度表示されたツイートや画像を円滑にスピーディーに表示してくれます。

しかし、このキャッシュは定期的に削除しないと溜まっていく一方でアプリの動作が重くなる主因にもなります。

以下の記事を参考にしてキャッシュを削除するようにしてください。

アプリ上に複数のアカウントを追加している

TwitterはFacebookなどとは違ってアカウトは一人一つといった規約は存在しません。

管理人もリアルの友人や知人と繋がっているリア垢をはじめ、趣味ごとに複数のアカウントを作成しており、手早くアカウントを切り替えられるように公式アプリに追加しています。

しかし、あまりにも数多くのアカウントを追加するとアプリの動作が重くなってしまうことがあります。

一つのアカウントが凍結された時に連鎖して追加しているアカウントが凍結される可能性もあるので、必要最低限のアカウントのみ追加するようにしましょう。

iOS版をご利用の場合

iOS版のTwitterをご利用の場合は、ホーム画面左上の「≡」→「…」の順にタップし、画面を左にスワイプするとログアウトできます。

Android版をご利用の場合

Android版のTwitterをご利用の場合は、ホーム画面左上の「≡」→「∨」の順にタップしてアカウントを切り替え、設定からログアウトしてください。


アプリのバージョンが古くなっている


端末の設定でアプリを自動アップデートにしていないと、かなり前の旧バージョンのアプリを利用していたというケースが少なくありません。

アプリのバージョンアップは最新の機能が搭載される時だけでなく、ユーザーから報告を受けた不具合の改善時などにも行われているので、 App StoreやGoogle PlayからTwitterを最新版にアップデートするようにしましょう。

OSのバージョンが古くなっている

iOSやAndroidのバージョンが古すぎるとアプリ自体がOSのバージョンに適しておらず、最新バージョンにアップデートできないことがあります。

アプリのバージョンを問題なく最新版にする為にも、端末本体の不具合で重くなっている可能性を解消する為にも、ご利用端末のOSを最新版にアップデートしましょう。

iOSの場合は設定の「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から行えます。



Androidの場合はお使いの機種によっても異なるので、Androidヘルプを参照ください。

端末の空き容量が不足している


データ容量の大きいゲームアプリなどをたくさんインストールしていたり、カメラロールやギャラリーに写真や動画を大量に保存していたりすると、端末の空き容量が不足してTwitterが重くなるだけでなく、他のアプリでの操作やブラウザでの検索にも悪影響が出ることがあります。

iPhoneをご利用の方はiCloud、Androidをご利用の方はGoogleドライブなどのクラウド上にデータを移して端末の容量不足を解消するようにしましょう。

ブラウザが重くなっている

Twitter側の不具合を除くと、PC版Twitterが重い原因の大部分はお使いのブラウザにありますので、こちらの対処法を参考にしてみてください。

最も手っ取り早い対処法は、不具合の起きていない他のブラウザでTwitterにアクセスすることです。

多重起動しているアプリを強制終了する


基本的にどのアプリも一度起動すると、そのアプリを使っていない間もバックグラウンドで通信が継続されています。

このことで自動アップデートやデータの同期などがスムーズに行われているのですが、あまりにも多くのアプリがバックグラウンドで多重起動されていると、他のアプリの動作にも悪影響を及ぼすことがあります。

多重起動しているアプリを強制終了するタスクキルのやり方は以下の記事で解説しています。

まとめ

Twitterが重くなる原因や対処法は以上です。

まずはTwitterが重くて更新されなかったり開けないのは自分だけなのかそうでないのかを確認して、一つずつ対処法を試してみてください。