Twitter

Twitterのアンケートが不具合(バグ)で見れない時の対処法

Twitterで行ったアンケートの途中結果が見れない・表示されない時の対処法をご紹介いたします。

アンケート機能に不具合が起きているかどうか確認する方法も取り上げているので参考にしてください。

Twitterのアンケートが不具合で見れない時の対処法

投票期間を短くする


Twitterでは過去にアンケートの投票期間が終了するまで投票数が0のままで、途中結果が正しく反映されない不具合が発生したことがあります。

上記と全く同じ不具合であれば投票期間が終了すればアンケート結果を確認できるので、投票期間を短くして、再度、アンケートツイートを投稿してください。

投票期間は最短5分から設定できますが、短くても数時間は確保した方が良いでしょう。

アプリをアップデートする


Twitterではアンケートの選択肢そのものが表示されない不具合が起きたこともあります。

この時はiOS版Twitterの特定のバージョンで発生した為、アプリを最新版にアップデートすると不具合が解消されました。

TwitterアプリのUIや機能の変更を避ける為、アプリの自動アップデートをオフにしている方は、アプリを手動アップデートしてください。

ブラウザ版を使用する

過去の例からアンケート機能の不具合がアプリだけに発生している可能性があるので、試しにSafariやChromeからブラウザ版Twitterにアクセスしてみてください。

反対にブラウザ版限定で不具合が発生している可能性も考えられるので、普段、Twitterアプリをお使いでない方はアプリからアンケートを確認してみましょう。

Twitterのアンケート機能に不具合が起きているか確認する方法

フォロワー数が少ない場合は、本当に投票されていないケースもあり得るので、以下の方法で不具合の有無を確認してみてください。

ツイートアクティビティを確認する

まずはツイート右下のツイートアクティビティをタップして、すべてのエンゲージメントを表示してください。



この時、投票数が表示されているにも関わらず、アンケートの途中結果が0であったり、投票数が全く一致しない場合はアンケート機能に不具合が発生しています。

ツイート検索


以下のようにツイート検索してみて不具合を訴えているユーザーが多い場合は、アンケート機能に不具合が起きています。

Twitter アンケート 不具合

Twitter アンケート バグ

Twitter アンケート 見れない