Twitter

TwitterのグループDMの作り方!抜け方や削除の仕方も解説

これまでTwitterのDMは一対一でメッセージのやり取りを行える機能だったのですが、2015年にグループDMが導入されLINEのグループチャットのような使い方ができるようになりました。

Twitterは鍵垢であってもリプライによるやり取りは、他のフォロワーに筒抜けになってしまうので、特定のメンバーとだけやり取りをしたい場合などにとても重宝する機能です。


グループDMの基礎知識

最大50人まで追加できる

一つのグループに追加できる人数の上限は50人までとなっており、自分を含めて最大51人で会話を楽しめます。

(参考:ダイレクトメッセージについて

499人招待できるLINEグループと比較すると規模は小さくなりますが、グループDMが実装された当初は20人までしか追加できなかったので、現在は2倍以上、上限が引き上げられています。

FF外の鍵垢も参加可能

こちらは大所帯のグループDMを作成する際に起こりがちなのですが、自分はすべてのメンバーと相互フォローであっても、メンバーの中には鍵垢で他のメンバーとFF外(フォロー・フォロワー外)であるケースがあります。

ですが、グループDMではFF外の鍵垢が送信したメッセージも見ることができるのでご安心ください。

TwitterのグループDMの作り方

それではグループDMの作り方の解説に移ります。

まずは画面右下のDMボタンをタップし続いてメッセージマークへとお進み下さい。



そうするとDMを送れるユーザーの候補が一覧で表示されます。

iPhone版をご利用の場合は、検索欄に名前や@から始まるユーザー名を入力して一人ひとりグループに追加していきましょう。


Android版をご利用の場合は、追加したいユーザーにチェックを付けて「次へ」とお進みください。


そうするとメッセージを送れる画面に切り替わります。

グループ名の決め方

一度メッセージを送ると画面の右上にインフォメーションマークが表示されます。

こちらをタップするとグループ情報が表示されるので「編集」からグループ名を設定しましょう。



グループ名を決めたら「保存」をタップして下さい。

メンバーの追加

当初グループに招待したメンバー以外に新たにメンバーを追加したい場合はグループ情報内の「参加者を追加」から行うことができます。


追加できるメンバーは自分のアカウントをフォローしてくれている、DM機能を解放しているユーザーが対象になります。

上記の対象に当てはまるにも関わらず、『参加者をこのグループに追加できません』と表示されることがあるのですが、これは新たに追加しようとしているユーザーが既に追加済みのユーザーの中の誰かにブロックされている場合に表示されるメッセージです。

残念ながらこの場合はブロックしているユーザーを退出させない限り、そのユーザーを追加することはできません。

グループの抜け方(退出)

グループに招待されたもののグループの趣旨に関心を持てなかった、楽しめなかった場合などは退出することができます。

画面右上のインフォメーションマークから「会話の削除」をタップして下さい。


そうるすと他のメンバーのメッセージ画面には「○○さんが退出しました」と表示され、新規のメッセージは届かなくなります。

グループの管理者を変更する方法


グループの管理者を辞めて他のメンバーに管理者を変更したい場合は、上記の解説を参考にしてグループから退出してください。

管理者を指定することはできないのですが、メンバーの中でアカウントを作成した日付が最も新しいユーザーに管理者が引き継がれます。

グループの削除方法

グループの削除は管理人のみ行うことができます。

まずはグループ情報内の「参加者」をタップし、「編集」へと進んでください。



続いて「参加者を削除」を選択して一人ずつメンバーを削除していきます。


そして最後に「会話の削除」にて自分からグループを退出すればグループに存在するメンバーは0人となり事実上、グループは解散となります。

まとめ

TwitterのグループDMに関する解説は以上です。

複数人で週末の予定を立てる際や趣味で集まったフォロワーの中から更に盛り上がった話をしたい場合などに積極的に活用してみて下さい。