LINE

LINEのメッセージが届かない原因や対処法【iPhone/Android】

LINE(ライン)のメッセージが届かない原因や対処法をご紹介いたします。

メッセージが遅れて届くのを解消したい方もご参考いただけます。

LINEのメッセージが届かない原因や対処法

LINE側のバグ

LINEでは過去にデータセンターでの誤作業やネットワーク機器の通信障害などが原因で、何度かメッセージが届かないバグが発生しています。

以下のようにツイート検索してみて、LINE側のバグでメッセージが届いていないようでしたら、残念ながらユーザー側では対処できないので、復旧までしばらく待つようにしてください。

LINE 届かない

LINE メッセージ 届かない

LINE メッセージ バグ

LINE メッセージ 不具合

LINE メッセージ 障害

キャリアの通信障害

ご契約のキャリアで発生している通信障害が原因でLINEのメッセージが届かないケースもあります。

各社の障害情報をチェックしてみて、通信障害が発生しているようなら、復旧まで待つかWi-Fi環境下で受信するようにしてください。

docomoの通信障害に関するお知らせ

auの通信障害に関するお知らせ

Softbankの通信障害に関するお知らせ

楽天の通信障害に関するお知らせ

ネットの接続不良


ネットの接続が悪くなっていると、相手が数分前にメッセージを送信済みでも受信できていないことがあります。

テンポよくメッセージのやり取りを続けていたのに、突然、メッセージが届かなくなってしまった時などは、ネットの接続が悪くなっていないか確認してみましょう。

尚、ネットの接続を安定させるには以下の対処法が効果的です。

モバイルデータ通信で接続する
モバイルデータ通信をオフ・オン切り替える
Wi-Fiをオフ・オン切り替える
ネットが繋がりやすい場所で通信する
通信制限がかかっている場合はデータチャージする

メッセージの受信が拒否されている

メッセージの受信拒否がオンになっていると、友達以外からのメッセージは届きません。

本来、初期設定ではメッセージの受信拒否はオフになっているのですが、過去にLINE IDが流出して知らない人からメッセージが届いたり、業者からスパムメッセージが届いてお困りになった方はオンにしていないでしょうか。

ホーム画面右上の歯車マークをタップして「プライバシー管理」へ進み「メッセージ受信拒否」がオンになっていたらオフに切り替えてください。


相手をブロックしている

こちらは可能性としては低いのですが、メッセージが届かない相手を知らずしらずブロックしていると、その相手からのメッセージは届きません。

メッセージが届かない相手とのトーク画面を開いて、画面右下に「ブロック中」と表示されている場合は、相手をブロックしています。


トーク画面右上の「≡」から「ブロック解除」するようにしてください。



尚、ブロックを解除してもブロック中のメッセージは届きません。

省電力モードがオンになっている

充電の減りを遅くしてくれる省電力モードがオンになっていると、ごくまれにLINEのメセージが受信できないことがあります。

特に相手とのトーク画面を開かないとメッセージが届かない挙動が見られる場合は、以下で解説している手順で省電力モードがオフにしてみてください。

iPhone編

まずは端末の設定を開いて「バッテリー」へ進みます。


そして「低電力モード」がオンになっていたらオフに切り替えてください。

Android編

まずは端末の設定を開いて「電池」へ進みましょう。


そして「省電力モード」や「ウルトラ省電力モード」がオンになっていたらオフにしてください。