インスタ

インスタのオンライン(ログイン時間)を非表示にして消す方法

インスタグラムは過去に一度でもDMでやり取りを行った相手であれば、フォロー外であってもオンライン中かどうかDM欄から確認することができます。

リアルタイムでアプリを開いている相手には緑色の丸と「オンライン中」という文字が表示されます。


オンライン中でない相手には以下のように最終ログインから経過した日時が表示されます。

○分前にオンライン

○時間前にオンライン

相手のオンライン状況を知れるとDMを送るタイミングが掴みやすいですし、既読がつかない理由もインスタを開いていないためと判断できるので便利ではあります。

しかし、反対に自分のオンライン状況が筒抜けになっていると考えると、あまり良い気がしないのではないでしょうか。

そこで本記事ではインスタのオンラインを非表示にする方法をご紹介いたします。

ただし、自分のオンラインを非表示にすると相手のオンライン状況も確認できなくなってしまうのでご注意ください。

インスタのオンラインを非表示にする方法

まずは画面右下のプロフィールタブをタップして三本線マークのメニューから「設定」へと進みます。




続いて「プライバシー設定」→「アクティビティのステータス」の順に進み、「アクティビティのステータスを表示」をオフにしてください。




これで相手にオンライン状態がバレないようになります。

相手のオンライン状況が見れない原因

以下の5つの内いずれかに該当している場合は相手のオンライン状況が見れません。

相手がオンラインを非表示にしている


通常の投稿やストーリーへの投稿などが行われているにも関わらず、相手のオンライン状況が表示されない場合は、相手がオンラインを非表示にしていると考えられます。

場合によっては数日前までは表示されていたのに、現在は見れないといったケースもあるかと思いますが、相手の投稿が見えている場合はオンラインを非表示にしただけで、ブロックされているわけではないのでご安心ください。

相手がブラウザ版(Web)を利用している


オンライン状況が更新されるのは、インスタの公式アプリを利用している場合に限られます。

2019年7月から、いいね数が非表示になるテストが開始された影響で、いいね数を見るためにブラウザ版インスタグラムを利用し始めた方も多いかと思います。

相手がオンラインを非表示にしていなくても、ブラウザ版を利用している場合はオンライン状況を確認することはできません。

自分のオンラインを非表示にしている

上記で注意書きしましたが、自分のオンラインを非表示にすると相手にオンライン状況を知られずに済みますが、その代わり相手側のオンライン状況も把握できなくなってしまいます。

自分のオンライン状況がバレるというデメリットはありますが、相手のオンライン状況を確認したい場合は「アクティビティのステータスを表示」をオンにしてください。

インスタ側の不具合


これまでオンライン状況を確認できていた複数のユーザーが一斉に見れなくなった場合は、インスタ側の不具合が原因と考えられます。

オンライン状況が見れない以外にも、フィードが更新できない、ストーリーが見れないなど、他に不具合は発生していないでしょうか。

インスタ側の不具合が原因の場合は、ユーザー側では対処のしようがないので時間を置いてから改めて確認するようにしてください。

一時的なテストや仕様変更


インスタはユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)の向上を図るため、一部のユーザーに対して新しい機能をテストしたり、抜本的に仕様変更を行うことがあります。

インスタのオンライン状況が確認できるようになったのは2018年1月からのことですし、廃止される可能性もないとは限りません。

オンライン状況の正確性について

こちらは補足になるのですが、オンライン状況の正確性について調査した結果をご紹介いたします。

オフラインからオンライン中に変わるタイミングは誤差なしで正確

最終ログインから経過した日時は誤差なしで正確

オフラインにしてからオンライン中でなくなるのには数分を要する