インスタ

インスタの制限するとは?制限の仕方や解除方法も分かりやすく解説

インスタグラムを利用していると「制限する」と記載された操作項目を見かけることがあります。

こちらの機能はブロックすると逆恨みが心配、しかしミュートだと相手からのアクションを防げないといった場面で、ブロックすることなく、相手からの特定のアクションに制限をかけられる機能で嫌がらせ対策としても使われています。

ここからは相手のアカウントを制限すると具体的にどうなるのかや制限の仕方・解除方法について詳しくご紹介いたします。


相手のアカウントを制限するとどうなる?

相手のコメントが見えなくなる

アカウントを制限しても相手は引き続きコメントできるのですが「制限されたコメント」と表示され、こちらはコメントの内容を見ないで済みます。


不快なコメント通知も届きません。

アカウントを制限した相手や他のフォロワーには「制限されたコメント」とは表示されず、相手にはコメントできたようにに見えて、他のフォロワーは何も見えません。

アカウントを制限中であってもコメントの内容が気になる場合は「コメントを見る」をタップしてください。

更に「承認する」をタップすると、フォロワーにもコメントを公開できます。

相手のDMがメッセージリクエスト行きになる

アカウントを制限しても相手はこれまで通りDMを送れるのですが、DMはメッセージリクエスト行きとなるので、こちらが「リクエスト」を開かない限り目に入りません。

もちろん、DMが届いた際の通知も届かなくなります。

DMの内容を確認したい場合は「リクエスト」を開いて制限中のアカウントをタップしてください。



そうすると既読をつけずにDMの内容を確認できます。

相手にオンライン状況がバレなくなる


インスタは相手がオンライン中なのかどうか、DM画面から確認できるのですが、制限中のアカウントにはこちらのオンライン状況は伝わりません。

ですので、他のユーザーのオンライン状況が知りたくて、あえて自分のオンラインを非表示にしていない方は制限機能を活用しましょう。

相手のアカウントを制限する方法

ここからはアカウントの制限の仕方について解説してまいります。

3つのやり方を取り上げているので、状況に応じて使い分けてください。

プロフィールページから制限

相手のプロフィールページを開いて画面右上の「…」をタップして「制限する」を選択すると相手のアカウントを制限できます。


コメント欄から制限

自分の投稿に誹謗中傷や迷惑なコメントをされた場合は、コメント欄から制限することもできます。

iOS版をご利用の方はコメントを左向きにスワイプして「!」→「制限する」の順にタップしてください。



Android版をご利用の方はコメントを長押しして「!」→「○○を制限」の順にタップしてください。



DM内から制限

こちらがフォローしていない相手からの初めてのDMはメッセージリクエストに振り分けられるのですが、承認した後に迷惑なDMが送られてくるようになった場合は、DM内から相手のアカウントを制限することも可能です。

画面右上のインフォメーションマークから「制限する」をタップしてください。


アカウントの制限を解除する方法

特定のアカウントの制限を解除したい場合はプロフィールページから、複数人の制限をまとめて解除したい場合は制限リストからの解除が効率的です。

プロフィールページから解除

相手のプロフィールページを開いて画面右上の「…」をタップして「制限を解除」を選択してください。



これで相手からのコメントが反映され、送られてきたDMがメッセージリクエストに振り分けられなくなります。

制限リストから解除

まずは画面右下のプロフィールタブをタップして「メニュー」→「設定」の順に進みます。



続いて「プライバシー設定」→「制限中のアカウント」へと進むと、制限リストを確認できるので「制限を解除」をタップしてください。