インスタ

インスタの裏垢を特定する方法(探し方)を徹底解説

インスタグラムはアプリに10個以上のアカウントを追加できるので、本垢とは別に裏垢を持っているユーザーも多いです。

本記事では、そんなインスタの裏垢を特定する方法についてご紹介いたします。

インスタの裏垢を特定する方法(探し方)

電話番号検索

裏垢を特定したい相手の電話番号を知っていて、端末の連絡先に電話番号を登録している場合は、電話番号検索で相手の裏垢を特定できることがあります。

電話番号検索のやり方に関しては以下の記事を参考にしてください。

メールアドレス検索

上述の電話番号検索と同じ要領でメールアドレスを使って裏垢を探すことも可能です。

裏垢を探している相手のメールアドレスをご存知でしたら、端末の連絡先にメールアドレスを登録して、メールアドレス検索で裏垢が出てこないか試してみてください。

ハッシュタグ検索

インスタの検索機能の一つであるハッシュタグ検索も使い方によっては裏垢探しに活用できます。

相手の本垢を知っている場合は、その本垢の投稿で使われているハッシュタグで検索してみてください。



検索する際のポイントは、多くの人が使っているようなハッシュタグは避け、マイナーなハッシュタグで検索することです。

そのユーザーしか使っていないのではないかと思われるようなニッチなハッシュタグや文章系のハッシュタグ・飲食店名などが裏垢の特定に効果的です。

スポット検索

インスタには投稿に位置情報を追加できる機能があり、位置情報が追加されている投稿はスポット検索から検索することができます。

裏垢を探している相手が最近どこに出かけたのか把握している方は、位置情報付きで投稿しているかもしれないのでスポット検索してみてください。


キーワード検索

投稿の本文(キャプション)に含まれている言葉で検索できるキーワード検索は、まだ一部の英語圏でしか使えない機能なのですが、Googleで以下のように検索していただくと、本文の言葉をもとに検索することができます。

site:instagram.com ○○○○

相手が投稿にハッシュタグや位置情報を追加していなくても、キーワード検索から裏垢を見つけられるかもしれないので、相手がよく使っている言葉や遊び場所・飲食店名などを入力して検索してみてください。

Twitter経由で探す

Twitterの裏垢でインスタの裏垢を公開しているというのが前提になりますが、Twitterの裏垢は類似画像検索を使うと意外と簡単に見つけられます。

まずは裏垢を特定したい相手がLINEやインスタの本垢などに投稿している画像をスクショしてください。

そして誰にもフォローされていないTwitterの鍵垢を用意して、そちらにスクショした画像を投稿します。

スクショ画像を投稿したら、TwiGaTenにアクセスして連携ログインしてください。



そうするとスクショ画像と類似した画像を投稿しているTwitterアカウントが表示されます。

Twitterの裏垢が見つかったら、以下のようにツイート検索してインスタの裏垢を公開していないか調べてみましょう。

from:Twitterの裏垢のユーザー名 インスタ

本垢をブロックする

こちらは今後作成された裏垢を探したい方向けの方法で、尚且つインスタのバグを期待した方法になります。

まずはインスタで誰とも繋がっていないアカウントを用意して、相手のアカウントをブロックしましょう。

相手のプロフィールページを開いて画面右上の「…」をタップし「ブロック」→「○○と、この人が新しいアカウント作成した場合それらをブロックする」の順にタップしてください。




そうするとブロック以降に作られた裏垢をインスタが自動的にブロックしてくれます。

こちらの方法でブロックされた裏垢はブロックリストに表示されないのですが、インスタでは連絡先を同期していなくてもおすすめに表示されるなどのバグが度々起きているので、裏垢がブロックリストに表示される可能性は十分考えられます。

尚、インスタのブロックリストは以下の手順で確認できます。

まずは画面右下のプロフィールタブをタップして「≡」→「設定」の順に進んでください。




続いて「プライバシー設定」→「ブロックしたアカウント」の順に進むと、ブロックリストを確認できます。