Twitter

【最新】Twitterのプロフィール画像を削除して初期アイコンに戻す方法

Twitterの公式アプリからプロフィール画像を削除しようとするとカメラロール内の画像が表示されて削除することができません。

実はTwitterのプロフィール画像はPC版Twitterからでないと削除できない仕様になっているのです。

ですが、PCは所持しておらず、スマホしかお持ちでない方も数多いと思いますので、本記事ではiPhoneやAndroidからでもプロフィール画像を削除する方法をご紹介致します。

Twitterのプロフィール画像を削除する方法

iPhoneから行う場合

iPhoneのデフォルトブラウザであるSafariには「デスクトップ用サイトを表示」という機能があるのですが、Twitterにアクセスして実行してもmobile.twitter.comにリダイレクトされてしまいPC版Twitterを開くことができません。

そこでGoogleが提供しているChromeを利用します。

Chrome - Google のウェブブラウザ
Chrome – Google のウェブブラウザ
開発元:Google LLC 無料

Chromeを開いたら「Twitter」と検索して下さい。

そうすると「Twitterにログイン」と書かれたログインページが先頭に表示されます。

ここで画面右下の「…」から「PC版サイトを見る」をタップして下さい。



そうすると画面がデスクトップ表示に切り替わるので先頭に表示されている「Twitter」をタップします。URLはhttps://twitter.com/login?lang=ja です。


ログインからTwitterのログイン情報を入力してログインしましょう。


ログインできたら画面左上のプロフィール画像をタップし「プロフィールを編集」へと進みます。



そうするとプロフィール画像を変えられるようになるので「プロフィール画像を変更」→「削除」→「画像を削除する」の順にタップするとプロフィール画像を削除することができます。



プロフィール画像を削除すると初期の人型のアイコンに変わります。

Androidから行う場合

AndroidのデフォルトブラウザであるChromeからTwitterにアクセスするとTwitterアプリに移動してしまうので、最初にアプリに移動しないように設定しておく必要があります。

※Twitterアプリをインストールしていない場合はこの設定は不要です。

まずは端末の設定から「アプリと通知」→「アプリ」と進んでアプリの一覧の中から「Twitter」をタップし下さい。




続いて「既定で開く」→「このアプリ対応のリンクを開く」の順に進み「許可しない」に変更しましょう。




これでChromeからTwitterにアクセスしてもTwitterアプリに移動しなくなります。

この段階でChromeから「Twitter」と検索して画面右上の「︙」をタップして「PC版サイト」に切り替えます。



これでデスクトップ表示に切り替わるのでTwitterにアクセスしてログインして下さい。

ログインできたらプロフィール画像をタップして「プロフィールを編集」へと進みます。



これでプロフィール画像を変えられるようになるので「プロフィール画像を変更」→「削除」→「画像を削除する」の順にタップすると設定していたプロフィール画像を削除できます。


まとめ

Twitterのプロフィール画像を削除して初期アイコンに戻す方法は以上です。

しばらく利用する予定のないアカウントなどに自撮り画像を設定しているような方は本記事でご紹介した手順で画像を削除するか、無難な画像に変更しておくことをおすすめします。