iPhone

App Storeが消えた!アイコンが表示されない時の対処法

アプリをインストールする際に必要不可欠なApp Storeが端末の画面内から消えてしまった時の対処法をご紹介いたします。

デフォルトアプリであるApp Storeはアンインストールできない仕様になっているので、以下の対処法で見つけ出すことができます。

App Storeが消えた時の対処法

Spotlight検索

端末内のアプリや書類・ファイルなどを横断的に検索できるSpotlight検索を使用すれば、一見消えたように思われるApp Storeを手軽に探し出せます。

Spotlight検索の仕方ですが、ホーム画面の中央付近から下向きにスワイプ、もしくは右向きにスワイプしていただくと「検索」が表示されます。



この検索欄に「App Store」と入力すると、見当たらなくなっていたApp Storeのアイコンが表示されます。

Spotlight検索で表示されない場合

Spotlightで「App Store」と検索してもアイコンが表示されない場合は、Appが非表示になっている可能性があります。

端末の設定から「Siriと検索」→「App Store」の順に進み「検索で表示」がオンにしてください。



機能制限をオフにする

iPhoneは小さなお子さんが勝手にアプリをインストールしないように制限をかけることができるのですが、何らかの原因でこの制限がかかっていると端末上からApp Storeが消えてしまいます。

制限をオフにするには、まず端末の設定から「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」へと進みます。


続いて「iTunesおよびApp Storeでの購入」→「インストール」の順に進み、設定を「許可」に変更してください。




これで端末上から消えてしまったApp Storeのアイコンが復活します。

フォルダの中を探す


インストールしているアプリの数が多くて、アプリをフォルダ分けしている方はフォルダ内のどこかにApp Storeが紛れ込んでいないか確認してみましょう。

フォルダ内のアプリが10個以上になると、10個目からは次の画面に表示されるようになっているので、フォルダ内を隈なく探すようにしてください。

ブラウザからアクセスする


SafariやChromeなどのブラウザから以下のURLにアクセスするとリダイレクトされてApp Storeを開くことも可能です。

apps.apple.com/ja

ホーム画面のレイアウトをリセットする

これまでにインストールしたアプリを使いやすいように並び替えている場合は、再び並び替える必要があるのですが、ホーム画面のレイアウトをリセットするとApp Storeがホーム画面に表示されます。

まずは端末の設定を開いて「一般」→「リセット」へと進みます。



続いて「ホーム画面のレイアウトをリセット」→「ホーム画面をリセット」の順にタップすると初期のホーム画面に戻ります。


まとめ

App Storeが消えた時の対処法は以上です。

冒頭でも触れたようにApp Storeがアンインストールされることはないので、上記の対処法でApp Storeを開くようにしてください。