Amazon

Audibleの解約・退会方法!解約後も聴けるが、コインは消滅します

Amazonのオーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」の解約方法をご紹介いたします。

30日間の無料体験に登録してみたものの、利用頻度が少なかった

コイン制ではなく聴き放題サービスに乗り換えたい

などの理由で解約を希望されている方の参考になれば幸いです。


Audibleの解約・退会方法【スマホ編】

アプリからは解約できないので、まずはAudibleの公式サイトにアクセスして「メニュー」を開いてサインインしてください。



サインインできたらホーム画面最下部の「PCサイト」をタップします。


そうするとPCブラウザからアクセスした時と同じ表示になるので、次に画面上部の「○○さん、こんにちは!」をタップして「アカウントサービス」へと進みます。



続いて「退会手続きへ」→「このまま退会手続きを行う」の順にタップしてください。



次に退会理由として当てはまるものにチェックを入れて「次へ」と進みます。


最後に「退会手続きを完了する」をタップするとAudibleを解約できます。

Audibleの解約・退会方法【PC編】

まずはAudibleの公式サイトにアクセスしてサインインします。

続いて「○○さん、こんにちは!」と表示されている箇所にカーソルを合わせて「アカウントサービス」へとすすんでください。



そうすると現在の会員タイプが表示されるので、その下の「退会手続きへ」をクリックします。


退会に伴う注意点に目を通したら「このまま退会手続きを行う」へとすすんでください。


あとは9つの選択肢の中から退会理由を選んで「次へ」と進み、「退会手続きを完了する」をクリックすればAudibleを解約できます。


Audibleの解約に関するQ&A

解約したらコインは消滅する


本記事のタイトルにも記載している通り、Audibleを解約すると毎月付与されるコインが残っていても解約と同時に消滅してしまいます。

コインや会員価格で購入したオーディオブックは解約後も聴けるので、残っているコインがある場合は解約前に使い切るようにしましょう。

解約し忘れた場合、返金はできる?


Audibleはナレーターの声がなじまないなどの理由で、購入したオーディオブックを返品することは可能ですが、解約し忘れた期間の返金は不可となっています。

Audible会員の皆様は、会員特典の1つとしてタイトルを購入後365日以内にご返品いただけます。

(参考:会員の返品特典について

お客様は、Audible.co.jpのアカウントサービスにて設定を変更することにより、またはAudibleのカスタマー・サービスチームにご連絡頂くことにより会員登録または定期購読をキャンセルすることができます。お客様が会員登録または定期購読をキャンセルされた場合には、すでに支払われた料金の払戻しは致しません。

(参考:Audible サービス利用規約

ただし、サービスを全く利用していないことを理由に返金に応じてもらえたと報告している方もいらっしゃいます。

契約更新日は登録した日によって異なる

Audibleの契約更新日は登録した日によって異なるため、月末までに解約しても間に合わないケースがあります。

具体例を挙げてご説明すると、1月15日に30日間の無料体験に登録した場合は、2月14日に1回目の料金引き落としが行われ、それ以降は毎月14日に料金が発生します。

ですので、次回分の料金を支払いたくない場合は、毎月13日までに解約手続きを行う必要があります。

次回の請求日はAudibleのアカウント情報からご確認ください。