Clipbox

Clipboxでダウンロード保存できない時の対処法を徹底解説

Clipbox(クリップボックス)で動画を保存できない原因や対処法をご紹介いたします。

保存できない原因として多く見られるものから取り上げているので、一つひとつ確認してみてください。

Clipboxで動画を保存できない原因や対処法

保存できないサイト(非対応)


Clipboxはすべての動画サイトに対応しているわけではありません。

以下に保存できるサイトと保存できないサイトをまとめていますので、まず保存できないサイトに該当していないかご確認ください。

YouTubeはユーザーからの需要が最も高いと思われるのですが、Clipbox +では保存できません。

Android端末をお使いであればフリーソフトの配布サイトから旧Clipboxをインストールすることも可能なのですが、故障の原因にもなるため推奨はできません。

対応 非対応
YouTube youku
Twitter Tudou
Instagram Vimeo
Facebook
ニコニコ動画
ひまわり動画
bilibili
Dailymotion
PANDORA.TV
Veoh

先に動画を再生する

Clipboxの対応サイトであるにも関わらず、Are you ok?が表示されず保存開始できない場合は、数秒でも結構なので動画を再生して一時停止した後に「+」をタップしてみてください。


そうすると「Are you ok?」や「Really?」が表示され動画を保存できるようになります。

YouTubeアプリに飛んでしまう


ClipboxでYouTubeの動画を保存しようとすると、YouTubeアプリに飛んでしまって保存できない方はこちらの記事を参照ください。

カメラロールに保存できないファイル


iPhone版のClipboxをお使いの方は音楽ファイルはカメラロールに保存できないので注意が必要です。

カメラロールに保存できるのは動画や画像ファイルのみになります。

Android版のClipboxには「カメラロール」という項目は用意されていないのですが、Clipbox内に保存した時点で端末のギャラリーやビデオにも保存される仕様になっています。

Cookieの削除

Cookieの削除はClipboxの運営も推奨している方法です。

以前、動画サイトにアクセスした際の閲覧データを削除することで不具合が解消される場合があります。

手順は画面右下の歯車マークから「Cookie一括削除」をタップしていただくと削除できます。

最新バージョンにアップデート

アプリの自動アップデートをオフにしている方は、新しいバージョンのClipboxがリリースされていないか確認してみましょう。

Clipbox側の不具合で動画が保存できなくなっていた場合、修正版がリリースされている可能性があります。

App StoreでClipboxと検索した際に「アップデート」、Google PlayでClipboxと検索した際に「更新」と記載されている場合は、使用中のClipboxより新しいバージョンがリリースされています。


再インストール


アプリ内のキャッシュ削除と最新バージョンのインストールを同時に行うことができるので、不具合時の対処法として再インストールもおすすめです。

ただし、Clipboxは過去にアプリストアからリジェクトされた前例があるので、アンインストールする前にApp StoreやGoogle Playからインストール可能か事前に確認するようにしてください。

ネットの接続が不安定


動画の時間によっては保存に数分以上かかることもあるのですが、その間にネットの接続が不安定になってしまうと一向にダウンロードが終わらない場合があります。

上述の通り、動画サイトによっては一度動画を再生してからでないと保存できないケースもありますので、ネットの接続が良好な状態で保存作業を行ってください。

動画サイト側の不具合


Clipbox側になんら不具合が発生していなくても、保存したい動画が投稿されているサイト側に不具合が起きていると正常に保存することができません。

動画サイトのコメント欄やアプリストアのレビューに不具合の発生報告がないか確認したり、Twitterで以下のように検索してみると不具合の有無を確認することができます。

「サイト名 不具合」

「サイト名 見れない」

「サイト名 再生されない」

「サイト名 表示されない」

まとめ

Clipboxで動画を保存できない時の対処法は以上です。

動画を保存できた後にバックグラウンド再生したい場合は以下の記事を参照ください。