インスタ

インスタの年齢制限を解除!異議申し立て追加情報の例も解説

インスタグラムの年齢確認で年齢制限がかかってアカウントをブロックされた時の解除方法をご紹介いたします。

間違えた方や嘘の生年月日(誕生日)を設定して見れないようになった方は参考にしてください。

インスタの年齢制限を解除・異議申し立てする方法

インスタは利用規約で13歳未満の利用を制限しているため、生年月日の追加画面で13歳未満になる誕生日を設定すると、アカウントがブロックされてしまいます。

ブロックから30日経過するとアカウントが停止され復活できなくなるので、生年月日を間違えた方は、異議申し立てして年齢制限を解除してください。

Instagramコミュニティに参加する利用者には、いくつかの制限事項の遵守について誓約していただく必要があります。

13歳以上であるか、または自国でInstagramを利用できる法定年齢に達していること。

(参考:利用規約 | Instagramヘルプセンター

異議申し立てをタップして必要事項を入力する

まずは「異議申し立て」をタップして、以下の情報を入力しましょう。

氏名
インスタに登録しているメールアドレス
インスタのユーザーネーム(半角英数字)
生年月日

年齢が分かる本人確認書類を添付する

そして「Choose File」をタップして、撮影した本人確認書類を添付してください。


本人確認書類に使用できるものとしては、免許証やパスワードをはじめ、以下のような書類が使えます。

出生証明書 運転免許証 パスポート 婚姻届受理証明書
氏名変更届 生命保険証書または車両保険証書 障害者手帳、SNAP、国のIDカードなど グリーンカード、居住許可証、入国書類
トライバルIDまたはステータスカード 有権者IDカード 家族関係証明書 ビザ
年齢証明カード 在留カード 納税者カード

(参考:Instagramではどのような本人確認書類を使用できますか。

上記の書類をお持ちでない場合は、以下の書類を2種類用意していただいても構いません。

ただし、いずれか1つは顔写真と生年月日が記載されている必要があります。

銀行口座の明細書 交通カード 小切手 クレジットカード
雇用証明書 図書館カード 郵便物 雑誌購読の控え
医療の記録 資格証明書(年金手帳、組合員証、社員証、名刺など) 支払明細書 許可証
学生証 学校の記録 社会保障カード 公共料金の請求書
卒業アルバムの写真 企業発行のポイントカード 契約書 住民票
卒業証書 宗教上の書類 認定資格または職業資格の登録証明書 資格免許証
投票カード 健康保険証 住所証明カード 社会福祉カード

(参考:Instagramではどのような本人確認書類を使用できますか。

追加情報を入力する

本人確認書類を添付したら、後述の例を参考にして追加情報を入力し「送信」をタップしてください。

インスタの年齢制限 異議申し立ての追加情報の例

間違えて登録日を生年月日に設定してしまった

インスタを始めたおおよその登録日を生年月日に設定してしまい、アカウントがブロックされた方は、以下の例文を参考にしてください。

例文

ご担当者様

生年月日追加画面の注意事項を見落としており、自分の生年月日ではなく、インスタの開始日と思われる日を生年月日に設定してしまいました。

添付の本人確認書類の通り、私は13歳以上ですので、アカウントのブロックを解除していただけると幸いです。

間違えてペットの生年月日を設定してしまった

例文

ご担当者様

ペットの写真や動画を投稿するアカウントでしたので、自分の生年月日ではなく、ペットの生年月日を設定してしまいました。

生年月日追加画面の注意事項を見落としており、大変申し訳ございません。

本人確認書類を添付させていただきますので、13歳以上であることが確認できましたら、アカウントのブロック解除をお願いいたします。

間違えて会社の設立日を生年月日に設定してしまった

例文

ご担当者様

会社用のアカウントとして運用していたため、運用担当者である私の生年月日ではなく、会社の設立日を生年月日に設定してしまいました。

生年月日追加画面の注意事項をしっかりと確認しておらず、誠に申し訳ございません。

運用担当者である私の本人確認書類を添付させていただきますので、問題がないことが確認できましたら、アカウントのブロックを解除していただけると幸いです。

お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

不正アクセスだと判断しテキトーに設定してしまった

中には日本語でなく英語で生年月日を求められたため、不正アクセスなのではないかと不審に思い、テキトーに生年月日を入力してしまった方もいらっしゃると思います。

そのような方は、以下の例を参考にしてください。

例文

ご担当者様

アプリを開いた際に、突然英語で生年月日を求められたため、不審に思い正確でない生年月日を入力してしまいました。

本人確認書類を添付させていただきますので、13歳以上であることが確認できましたら、年齢制限によるブロックを解除していただけると幸いです。

様子見で生年月日を設定しなかった

生年月日を設定せずに放置した結果、アカウントをブロックされてしまった場合は、以下の例を参考にしてください。

例文

ご担当者様

アプリを開いた際に生年月日を求められたのですが、設定に抵抗があり、様子見していたところアカウントをブロックされてしまいました。

大切なアカウントですので、ブロックを解除していただきたいです。

本人確認書類を送らせていただきますので、問題ないことが確認できましたら解除をお願いいたします。

13歳以上であり、生年月日に間違いがないことを伝える

自分自身の正確な生年月日を設定し、13歳以上であるにも関わらず、アカウントをブロックされてしまった場合は、以下のように異議申し立てしてください。

例文

ご担当者様

正確な生年月日を設定したのですが、なぜか13歳未満と判定されてアカウントが使えなくなりました。

生年月日が記載されている本人確認書類を送らせていただきますので、設定した生年月日と相違ないことが確認できましたら、アカウントを使えるようにしていただきたいです。

インスタの年齢制限はいつ解除される?期間は?

インスタの年齢制限を解除する手順は上記解説の通りなのですが、実際に解除されるのはいつ頃になるのでしょうか?

結論としては、異議申し立てした順番で期間は異なるものの、遅くとも30日以内には解除されると思われます。

インスタが本人確認書類を目視で確認しているのか、AIで確認しているのかは分かりませんが、現在年齢制限が原因でアカウントをブロックされるユーザーが続出しています。

ですので、1日・2日といった早急な解除は見込めませんが、30日経過するとアカウントを停止されるため、期限までには解除されるはずです。

インスタの年齢制限が解除できない・されない時の対処法

インスタの年齢制限が解除できない時は、以下の対処法を試してみてください。

24時間経過してから異議申し立てする

異議申し立てが殺到していると、インスタから時間を置いて改めるようにアナウンスされることがあります。

その場合は、24時間〜36時間後に改めて異議申し立てするようにしてください。

ブラウザから異議申し立てする

アプリ内に異議申し立ての画面がない場合は、SafariやChromeからインスタのヘルプセンターにアクセスしして異議申し立てしてください。

再度、異議申し立てする

異議申し立てから数週間以上経過したにも関わらず、年齢制限が解除されない場合は、ブラウザからヘルプセンターにアクセスして再度、異議申し立てしましょう。

その際は、初回の異議申し立てをいつ頃したかも記載するようにしてください。

インスタの誕生日に関する、よくある質問

最後にインスタの誕生日に関する、よくある質問に回答いたします。

誕生日を設定するとバレる?

インスタに誕生日を設定してもプロフィールに表示されたり、誕生日当日に通知やアニメーション効果などでバレる心配はありません。

誕生日を設定するとどうなる?

まず第一に誕生日の設定によってインスタが利用できる年齢に達しているか判断されます。

その他にも16歳未満が新しいアカウントを作成すると初期設定で非公開になったり、フォロー外の大人が18歳未満にDMできなくなります。

(参考:インスタ、16歳未満は“非公開”が基本に , Instagram、フォローしていない大人とのダイレクト機能を制限など

著者
アプリ村編集長・竹田
SNSやスマホ・話題のアプリのハウツー記事を執筆しています。 国内で知られていないアプリやウェブサービスも積極的に取り上げています。 プロフィール詳細