インスタ

インスタのコメントの仕方!コメントする際のマナーや注意点も解説

本記事ではインスタグラムのコメントの仕方やコメント機能全般の使い方・マナーについてご紹介いたします。

最初は一方的にフォローしているだけの関係であっても、コメントをきっかけに交流が始まり、相手にフォロバしてもらえる可能性もあると思いますので参考にしてください。

インスタのコメントの仕方

アプリ編

解説に使用している画像はiPhone版インスタグラムですが、Android版からコメントを投稿する手順も同じです。

フィードや検索でコメントしたい写真や動画を見つけたら、左下の吹き出しマークをタップしてください。


そうするとコメントが入力できるようになるので、入力後「投稿する」をタップでコメントを送ることができます。


コメントの入力画面には常時七種類の絵文字が表示されているので、こちらも活用してみてください。キーボード入力から、その他の絵文字や顔文字も使用可能です。

コメントを投稿する際の注意点としては、インスタのコメントは投稿した後に編集することができないので、何度か見直しをしてから投稿するようにしましょう。

PC編

PC版インスタグラムをご利用の場合は、コメントしたい投稿の下側に「コメントを追加」という箇所があるので、そちらにコメントを入力して「投稿する」をクリックしてください。

コメントできない場合


上記の手順でコメントを投稿できない場合は以下の記事を参考にして下さい。

コメントができない主な原因とそれらの対処法について詳しく取り上げています。

コメントを削除したい場合


コメントの入力途中で投稿してしまった、間違って別のユーザーにコメントを送ってしまったなどの理由でコメントを削除したい場合はこちらの記事を参照ください。

コメント欄を非表示にしたい場合


自分の投稿した写真や動画のコメント欄を非表示にして誰にもコメントされないようにしたい、特定のユーザーだけコメントを受け付けないようにしたい場合はこちらの記事をご覧ください。

コメントに関するマナー

相手の個人情報は控える


リアルで親しい相手の投稿にコメントする際に気を付けたいのが、相手の個人情報に繋がる内容をうっかりコメントしてしまうことです。

相手が非公開アカウントでフォロワーが身内だけならよいのですが、インスタだけで繋がっているフォロワーがいる可能性もありますし、公開アカウントの場合はどこの誰に見られているのか分かりません。

学校名や自宅周辺のスポット、本名などはうかつに書き込まないようにしましょう。

※相手がアカウントの名前を本名にしている場合は除く

深夜帯は避ける

相手が深夜帯に投稿している場合は特に問題はないのですが、そうでない場合は深夜帯のコメントは避けるようにしましょう。

コメントが付いた際にプッシュ通知が届く設定になっていると、相手の睡眠を妨げる恐れがあるからです。

誘導コメントはしない


自分の投稿を見てほしい、自社の商品やサービスの認知度を高めたいなどの理由で手当り次第に誘導コメントしている方がいるのですが、印象を悪くしてしまうだけなので、おすすめできません。

特にURL付きの誘導コメントは通報されると高確率でアカウント停止されるので、くれぐれも注意しましょう。

コメント返しやいいね返しは必須!?


こちらは自分がコメントを貰った時のマナーについてです。

1回の投稿でコメントが数十件以上寄せられる場合は大変だと思うのですが、そうでない場合はコメント返しや貰ったコメントにいいねを付けるとフォロワーから好印象です。

とはいえ、インスタ内でコメント返しやいいね返しが当然の文化になっているわけではないので、息苦しくならない程度に取り入れてみてください。

まとめ

インスタのコメント機能に関する解説は以上です。

他のユーザーに見られると好ましくない話題や親しくなって個別でやり取りできる関係性になったらDM(ダイレクトメッセージ)も活用してみてください。