インスタ

インスタで検索したらバレる?バレないための対策も紹介

Instagram(インスタグラム)で名前やIDを検索したらバレるのか最新の検証結果をご紹介いたします。

インスタで検索したことがバレないための対策も取り上げているので参考にしてください。

インスタで検索したらバレる?


結論から申し上げると、2022年5月現在、インスタで検索しても相手にバレる心配はありません。

ただし、検索後に相手のストーリーリングをタップしてストーリーを開いたり、インスタライブを視聴すると相手にバレてしまいます。

加えて投稿から24時間以内に追加されたハイライトも閲覧すると相手にバレるのでご注意ください。

また、写真や動画に誤ってダブルタップしてしまうと、相手にいいね通知が届いて結果的にバレてしまうケースもあります。

インスタの検索でバレないようにする方法

上記の解説の通り、インスタで検索してもバレませんが、検索後の誤操作で相手にバレたくない方は以下の検索方法をお試しください。

外部の検索ツールから検索する

インスタはアカウントがないと検索できませんが、以下の検索ツールはアカウントがなくても検索できるので、誤操作対策にうってつけです。

日本語でも検索できるのでご活用ください。

Gramhir
DUMPOR

検索アカウントを作って検索する

相手をフォローしたりコメントなどをする交流アカウントではなく、検索するためのアカウントを一つ用意して、そちらから検索するのもおすすめです。

もし、検索後にダブルタップでいいねしてしまったり、うっかりアイコンからストーリーを開いてしまっても、特に問題はないはずです。

検索アカウントを作る際は、以下の記事をご参考ください。

検索履歴を削除する

インスタはアプリ・ブラウザどちらから検索しても検索履歴が残ります。

スマホの中身を見られるというケースは稀ですが、インスタの検索履歴を絶対に見られたくない方は以下の手順で削除するようにしてください。

まずは画面下部の検索タブをタップして、続いて検索ボックスをタップしましょう。



そうすると検索履歴が表示されるので「すべて見る」→「すべてクリア」の順にタップしてください。



これでインスタの検索履歴を一括削除できます。

尚、検索履歴が削除できない場合は、以下の記事を参照ください。

インスタで検索する方法

インスタで検索したらバレるかやバレないようにする方法をご紹介したので、ここからはインスタで検索する方法を具体的に解説いたします。

ユーザー検索

インスタの検索方法で基本となるのが、ユーザー検索です。

まずは画面下部の検索タブをタップして、アカウントの名前やユーザーネームを入力して検索しましょう。


そして人型のマークをタップしていただくと、ユーザーが一覧で表示されます。

ハッシュタグ検索

“タグる”という用語があるくらいインスタではハッシュタグ検索も多用されています。

検索窓に「犬」や「花」「空」などの単語を入力して検索したあとに、ハッシュタグのマークをタップしてみてください。


そうすると、その単語を含むハッシュタグの候補が表示されるので、その中から気になったハッシュタグをタップしていただくと、ハッシュタグ付きの写真や動画がたくさん表示されます。

スポット検索

インスタには位置情報付きの投稿を検索できるスポット検索と呼ばれる機能があります。

検索窓に地名や建物名などを入力して検索し、スポットマークをタップしてみてください。


そうすると、それらの地名や建物名を含む場所の候補が表示されるので、気になったものをタップしてみましょう。

これで位置情報付きの投稿を見ることができます。