iPhone

iPhoneでアプリ内課金できない原因や対処法を詳しく解説

ゲームアプリをはじめ、電子書籍や音楽アプリなどからアプリ内課金できない原因や対処法についてご紹介いたします。

iPhoneでアプリ内課金できない原因や対処法

短時間に課金しすぎたため

iPhoneでは短時間に課金しすぎると、Appleストップと呼ばれる現象が起きて以下のメッセージが表示されます。

「購入を完了できませんでした。詳細についてはiTunesサポートへご連絡ください。」


具体的に何時間以内に幾ら以上課金するとAppleストップがかかるのかは公表されていないのですが、不正アクセスによる課金や小さなお子さんの課金トラブルを防ぐために、Apple側が課金を制限しているというわけです。

制限の解除はiTunesサポートから行なえます。

画面の下の方にサポートが必要なときはと書かれた箇所があるので「こちらから」をタップしてください。


次に「iTunes Store」→「購読と購入」→「iTunes Storeから購入できない」の順に進みます。




そうすると二つの選択肢が提示されるので、すぐに解除したい場合は「今すぐアドバイザーと話がしたい」を、後日改めて解除をお願いしたい方は「指定した日時に電話してほしい」をタップしてください。


あとはApple IDとパスワードを入力してサインインし、電話番号を入力すればサポートから電話がかかってきます。

支払い方法の問題

iPhoneでアプリ内課金する際の支払い方法は、クレジットカード(デビットカード)・iTunesカード・キャリア決済の3種類あります。

これらの支払い方法に問題があるとアプリ内課金できません。

クレジットカード

ありがちなのが、クレジットカードの有効期限切れです。

更新に伴ってカード会社から新しいクレジットカードが送付されているはずですので、Apple IDに紐づけているカード情報を編集しましょう。

まずは端末の設定から「iTunes StoreとApp Store」→「Apple ID」→「Apple IDを表示」の順にタップします。




パスワードを入力して「お支払い方法を管理」へと進むと、カード情報を編集できます。


有効期限切れ以外の原因としては、利用限度額に達していたり、カードの利用停止などが考えられます。お使いのカード会社に問い合わせてみましょう。

iTunesカード

アプリ内課金にiTunesカードをお使いの場合は、残高不足でないことを確認しましょう。

残高が足りていない状況で課金しようとすると「お支払い情報が必要です」と表示されるのですが、端末の設定からも残高を確認できます。

(参考:Apple ID の残高を確認する

また、iTunesカードのコードを読み取る際は「コードの引き換えに成功しました」と表示され、Apple IDにきちんと反映されていることを確認してください。

キャリア決済

アプリ内課金を毎月の携帯料金と一緒に引き落とされるキャリア決済にしている方は、利用限度額に達していないかご確認ください。

既に限度額に達している場合は上限を引き上げるか、クレジットカードやiTunesカードの利用をご検討ください。

App内課金がオフになっている

iPhoneは小さなお子さんが勝手に課金できないようにアプリ内課金をオフにできるのですが、何らかの原因でこの設定になっていないか確認してみましょう。

まずは端末の設定から「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」へと進みます。



続いて「iTunesおよびApp Storeでの購入」へと進み「App内課金」が許可しないになっていたら許可に変更してください。


App Storeの不具合


App Storeでは過去に何度か大規模な接続障害が起きており、その際にはアプリ内課金できないという声が数多く寄せられました。

App Storeで不具合が起きると、Twitterのトレンドワードに高確率で「App Store 障害」が入るので確認してみてください。

確認の結果、不具合が起きているようであれば復旧してから課金するようにしましょう。