カカオトーク

カカオトークでID検索できない原因や対処法を詳しく解説

カカオトークで友だちを追加する方法として最も一般的なのが、ID検索による友達追加です。

本記事では、そのID検索ができなくてお困りの方向けに原因や対処法を詳しくご紹介いたします。


カカオトークでID検索できない原因や対処法

カカオトークIDで検索をタップしていない

こちらは誤解を招きやすい画面に問題があるのですが、検索マークから最初にID検索を行うとカカともを対象にした検索結果が表示されます。

ですので、まだ友達追加していないユーザーをID検索すると、既存の友達と部分的にIDが被っていない場合は「検索結果がありません」と表示される仕様になっています。

ID検索を行うためには、その下の「カカオトークIDで検索」をタップしてください。

検索したIDが間違っている


検索したIDが間違っていると「カカオトークIDをもう一度確認してください」と表示されます。

まずは教えてもらったIDを間違って入力していないか確認し、問題がなければIDが正しいか相手に確認してもらいましょう。

相手のID検索許可がオフになっている

カカオトークはユーザー側でID検索を許可したり、拒否することができます。

相手がうっかりID検索を拒否する設定にしていると、正しいIDを入力しても「検索結果がありません」と表示されます。

掲示板で相手のIDを見かけた場合は連絡手段がないため困難ですが、他のSNSなどでIDを教えてもらった場合はID検索を許可してもらいましょう。

画面右下の「…」からプロフィールアイコン → 「カカオトークID」の順に進み、「ID検索許可」をオンにしてもらうと検索できるようになります。




相手がID検索制限の対象になっている

カカオトークは掲示板などへのID書き込み対策の一環として、特定のIDが短時間で大量に検索されると、そのIDを検索しても表示されなくなることがあります。

制限は24時間経過すると自動的に解除されるので、翌日以降に改めて検索してください。

通信不良


電波の接続状況を表しているアンテナや扇マークを確認してみましょう。

圏外と表示されていたり、アンテナが1本だけの弱々しい接続状況だとID検索できない場合があります。

Wi-Fi環境下にある方はモバイルデータ通信に切り替えて検索してみましょう。

Wi-Fi環境下にない方は電波の良好な場所に移動したり、速度制限にかかっていないかご確認ください。

QRコードを送ってもらう


相手と他のSNSなどで連絡可能な方は、IDの代わりにQRコードを送ってもらい、そちらをスキャンして友達追加することも可能です。

ただし、相手がID検索制限にかかっていると解除されるまではQRコードでも友達追加できません。

相手にID検索してもらう

相手がID検索制限の対象になっていても、こちらのIDを検索して友達追加してもらうことはできます。

相手との連絡手段がある方は、こちらのIDを伝えて検索してもらいましょう。

カカオトークのIDをお持ちでない方は以下の記事を参照ください。

カカオトーク側の不具合


ここまでご紹介してきた原因が当てはまらない場合は、カカオトーク側で不具合が起きている可能性があります。

トークや通話など検索以外の他の機能は問題なく使えているでしょうか。

Twitterで以下のように検索して、カカオトークの不具合を訴えているユーザーが多いようでしたら、時間を置いてからID検索してください。

カカオトーク 検索できない

カカオ 検索できない

カカオ 不具合

カカオ 落ちる

カカオ 開かない