Amazon

Kindleで本がダウンロードできない原因や対処法

Kindle(キンドル)で本がダウンロードできない原因や対処法をご紹介いたします。

ダウンロードできない原因として多く見られるもの、効果的な対処法順に取り上げているので参考にしてください。

Kindleで本がダウンロードできない原因や対処法

ネットの接続不良


Kindleで本をダウンロードできない原因として最も多いのがネットの接続不良です。

モバイルデータ通信の受信状況を表すアンテナのマークが1本になっていたり、アンテナのマークが消えて圏外と表示されていないでしょうか。

Wi-Fi経由でダウンロードを試みている方は、扇マークをチェックしてネットの接続状況を確認してみましょう。

ネットの接続不良が原因でダウンロードが進まないようなら、ネットの接続が良好な場所に移動したり、モバイルデータ通信のオフ・オン、Wi-Fiのオフ・オンなどをお試しください。

その他にも、低容量プランを契約してる方や月末付近に操作されている方は通信速度制限がかかって低速になっている可能性も考えられるので、各キャリアの公式サイトからご確認ください。

Wi-Fiでダウンロードする


Kindleのマンガ本はWi-Fiでのダウンロードが推奨されています。

Wi-Fiが使える環境にある方は、モバイルデータ通信ではなくWi-Fiを優先的に利用されていると思うのですが、そうでない場合はWi-Fiに接続してダウンロードするようにしてください。

再同期する

一向にダウンロードが進まなくても再同期していただくと、すんなりダウンロードできることがあります。

画面右下の「その他」へ進み「同期」をタップしてください。



「ライブラリ」で画面上から下向きにスワイプし、画面を更新するのも有効です。

違うアカウントにログインしている


Kindleの本はアプリからは購入できないため、サイトから購入しなくてはいけませんが、そのため起こりがちなのが、こちらのミスです。

Amazonのアカウントを複数お持ちの方は、KindleにログインしているアカウントとKindle本を購入したサイトのアカウントが違っていないかご確認ください。

Kindleで不具合が起きている

Kindleでは過去に不具合が原因で本をダウンロードできないトラブルが発生したことがあります。

Twitterで以下のようにツイート検索してみてKindleの不具合を訴えているユーザーが多いようでしたら、不具合解消までしばらく待つようにしてください。

Kindle 不具合

Kindle 障害

Kindle バグ

Kindle ダウンロードできない

ストレージの容量不足

ストレージの容量が少ない端末(モデル)を使用していたり、アプリを数多くインストールしていたり、写真や動画を端末にたくさん保存している方はストレージの容量が不足している可能性があります。

iPhoneをご利用の場合は端末の設定を開いて「一般」→「iPhoneストレージ」の順に進むと空き容量を確認できます。



Androidをご利用の場合は端末の設定内の「ストレージ」から空き容量を確認できます。


確認の結果、ストレージの容量が不足しているようなら、使わないアプリのアンインストールや写真や動画をクラウドサービスに保存して端末から削除するなどしてください。

アプリをアップデートする

アプリの自動アップデートをオフにしていて、Kindleアプリをしばらくアップデートしていない方は最新バージョンにアップデートするようにしてください。

iPhoneでKindleアプリをご利用の方は、App StoreでKindleを検索して「アップデート」をタップしましょう。


AndroidでKindleアプリをご利用の方は、Play ストアでKindleを検索して「更新」をタップしてください。

アンインストールする

Kindleアプリに蓄積されたキャッシュが原因でアプリに不具合が生じてダウンロードが進んでいない可能性も考えられます。

Android版は端末の設定からもキャッシュを削除できますが、iPhone版をお使いの方は一度アンインストールしてキャッシュを削除するようにしてください。

アプリをアンインストールして再インストールし直すと、アプリを最新バージョンにできるというメリットもあります。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料

端末を再起動する

端末を再起動することで、端末やアプリの一時的な不具合やネットの接続不良の改善が見込めます。

これらが原因でKindle本がダウンロードできていない場合は、端末の再起動が効果的です。