LINE

LINEを送信できない!矢印が表示される時の対処法

日本国内だけでも8000万人以上のユーザーを抱え、今やコミュニケーション手段として欠かせない存在になっているLINE(ライン)

本記事ではLINEを利用している最中にメッセージが送信できずに、メッセージの左側に矢印が表示されてしまう時の対処法をご紹介いたします。


LINEを送信できない原因や対処法

通信環境が不安定になっている

LINEを送信できない原因として最も多く見られるのが、通信不良です。

携帯キャリアの回線を使ったモバイルデータ通信(4Gや5G)をご利用の場合は、アンテナの本数が1本になっていたり、圏外なっていないでしょうか。

Wi-Fiをご利用の場合は、扇マークの横に「!(エクスクラメーションマーク)」や 「☓」が表示されていないかご確認ください。

通信環境が不安定なようなら、端末の設定からモバイルデータ通信とWi-Fiの切り替えやモバイルデータ通信のオン・オフ、Wi-Fiのオン・オフ、機内モードのオン・オフをお試しください。




その他にも電波の入りやすい場所への移動やWi-Fiルーターの再起動なども効果的です。

メッセージを再送する

メッセージの右側に丸い矢印が表示されている場合は、丸矢印をタップして「再送する」を選択するとメッセージを再送できます。



通信不良になったタイミングで、その都度再送するのが面倒な方は歯車マークの設定から「トーク」へ進み「自動再送」をオンにしておきましょう。



LINE側の不具合

LINEでは過去に何度かメッセージを送信できなくなったり、メッセージが送りづらくなる不具合が発生したことがあります。

LINEで不具合が起きているかどうかは、LINEのTwitter公式アカウントをチェックしたり、以下のようにツイート検索してみてください。

LINE 不具合

LINE バグ

LINE 障害

LINE 送信できない

LINE 送れない

ツイート検索の結果、自分以外にもLINEを送信できずに困っているユーザーが多数いる場合は、LINE側で不具合が起きている可能性が高いので復旧までお待ち下さい。

タスクキル

SNSアプリやメールアプリをはじめ、大半のアプリは一度起動するとバックグラウンドで動作・通信が続いた状態になっています。

多くのアプリがバックグラウンドで動作していると、スマホが重くなる原因にもなるので、LINEだけでなく起動中のアプリをすべてタスクキルしましょう。

端末を再起動する


スマホの充電が切れることもなく、長らく端末の電源を落としていないと、メモリの効率が低下して動作スピードが落ちてしまいます。

軽微な不具合であればメモリの状態がリセットされ解消されるケースも多いので、端末の再起動をお試しください。

アプリをアップデートする


アプリの自動アップデートをオフにしている方は、かなりバージョンが古くなっている可能性があるので、App StoreやPlay ストアを開いて手動で最新版にアップデートしてください。

最近、手動アップデートしたという方も、新たに修正版がリリースされていないか確認してみましょう。

OSをアップデートする


iOSやAndroid OSのバージョンとLINEのバージョンの相性が悪い可能性も考えられます。

LINEが最新版になっている場合は、OSをアップデートして最新版にしてください。

OSのバージョンが古すぎるとLINEに関わらず、アプリを最新版にできなくなるので、こまめなアップデートが大切です。