Twitter

Twitterの固定ツイートのやり方や解除方法!複数の設定は可能?

Twitterの固定ツイート(固ツイ)とは


Twitterでユーザーのプロフィール欄を確認していると『固ツイ見てほしい』『固ツイ確認必須』といった文言が記載されていることがあります。

またアカウント名を『○○○@固ツイ確認して!』といった具合に設定されている方もいます。

固定ツイート(固ツイ)とはツイートを投稿した時系列に関係なく、これまでのツイート一覧のトップ・一番先頭の部分にツイートを固定することを意味しています。

過去のツイートはどんどん下に追いやられてしまうので一番先頭に見て欲しいツイートを固定することで同じことを何度もツイートする手間が省けるというわけです。

固定ツイートの具体例


よく見かける固定ツイートといえば圧倒的に自己紹介が多いです。

自分の趣味やどういったスタイルでツイートをしているか(ロム専・リプ多め…etc)、どのようなフォロワーさんと絡みたいかなどが書かれたツイートですね。

過去に反響のあったツイートをまとめたモーメントを固定ツイートに設定している方もいらっしゃいます。

スレッド化したツイートの最初のツイートを固定化すれば140文字の制限を超えて伝えたいことを綴ることも可能です。

その他にも投票受付中のアンケートツイートだったり、フォローやリツイートで参加できるキャンペーンツイート等をその期間中のみ固定ツイートにしている方も多いです。

固定ツイートのやり方や消し方

iPhone編(公式アプリ)

まずは固定ツイートに設定したいツイートを選びましょう。

続いてツイートの右上にある「∨」から「プロフィールに固定する」を選択し「固定する」をタップすればツイートを固定できます。




固定ツイートを他のツイートに変更したい、今の固定ツイートは必要なくなったという場合はツイートの先頭から「∨」をタップし「プロフィールから固定を解除する」を選択して下さい。


PC編


PC版のTwitterから固定ツイートを行う方法も基本的に同じになります。

固定ツイートに関する注意点・トラブル

複数のツイートは固定できない

先頭行にツイートを固定化できるとフォロワーさんやプロフィール欄を確認してくれたユーザーに対して色々なお知らせができるので、つい幾つも固定ツイートを設定したくなると思うのですが、固定ツイートは一つのツイートにしか行えません。

140文字を超えてもっと長文で伝えたいことがある場合はメモに書いた文章をスクショして画像として投稿したり、スレッドを活用するようにしましょう。

他人のツイートは固定できない

とても共感したツイートや何度も目を通したいツイートなどを見かけた場合はリツイートやいいねと同じような感覚で固定ツイートにしたい方もいらっしゃると思います。

しかし固定ツイートに設定できるのはあくまで自分が投稿したツイートのみです。

固定ツイートが消えた・表示されない


これまで表示されていた固定ツイートが突如消える場合があります。

こちらはほぼTwitter側の一時的なバグが原因になります。

ツイートで『固定ツイート 消えた』『固ツイ 表示されない』などのワードで検索してみて他のユーザーからも同じような現象が数多く報告されている場合は改善されるまでしばし待つようにしましょう。

もし他のユーザーからそういった報告が上がってなければアプリのバージョンを最新版にアップデートしたり、アプリを一旦削除して再インストールするなどしてみて下さい。

まとめ

Twitterの固定ツイートに関する解説は以上になります。

固定ツイートをうまく活用することで自己アピールや商品の宣伝等に繋がりますので、是非取り入れてみて下さい。