Twitter

TwitterのDM解放のやり方!フォロー外の誰とでも送受信できる設定

Twitter上でのリプライは他のユーザーにやり取りが筒抜けになってしまいますが、DM(ダイレクトメッセージ)を利用すればそのような心配はなくプライベートな会話が可能です。

当初、DMは相互フォロー同士でないと送受信できなかったのですが、現在では仕様が変わり設定を変更すれば誰からでも受け取ることができるようになりました。

TwitterのDM解放(開放)の仕方

ここからは端末別にDMを解放する設定をご紹介します。

設定が完了すると他のユーザーがあなたのプロフィールページを開いた時に手紙のマークが表示されるようになります。


複数のアカウントをお持ちの場合は設定後に別のアカウントでログインして確認してみて下さい。

iPhoneから行う場合

iOS版のTwitterアプリをご利用の場合は「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へと進み「すべてのアカウントからメッセージを受け取る」をオンに切り替えて下さい。



Androidから行う場合

Android版のTwitterアプリからDMを解放するには「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」→「ダイレクトメッセージ」の順にお進み下さい。




そうして「メッセージリクエストを受信する」にチェックを入れれば全てのユーザーからDMを受け取れるようになります。

PCから行う場合

画面左側の「もっと見る」をクリックして「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」へとお進み下さい。




続いて「すべてのユーザーからメッセージを受信する」にチェックを入れればDM機能を解放することができます。

DMの解放で受信範囲はこのように変わる


ここからはDM機能を解放した場合と解放していない場合でDMを受け取れる相手がどう変わるのかをご紹介いたします。

DMを解放していない場合

初期設定のままでDMを解放していない場合、あなたにDMを送ることができるのは以下の3パターンのユーザーになります。(鍵垢でも可)

①あなたがフォローしている相手

②相互フォローの相手

③フォローしてなくてもDM上で一度でもやり取りしたことがある相手

DMを解放した場合

DMを解放した場合は初期設定の3パターンに加えて④が追加されます。

④自分のアカウントを知っている相手であれば誰でも

DMを解放しているのに受け取れない場合

DMを解放していてフォロワーさんなどからDMを送りましたとリプライが届いているにも関わらず、メッセージを受信できていない場合は「クオリティフィルター」や「詳細フィルター」によって除外されている可能性があります。

こちらの記事で詳しく解説していますのでご参照下さい。