Twitter

Twitterで誕生日の風船が飛ばない・出ない原因や対処法

Twitterには誕生日を迎えたユーザーのプロフィール画面を開くと色とりどりの風船が飛んでお祝いしてくれる機能があります。


しかし、以下のような原因で風船が飛ばないケースもあるので注意が必要です。

Twitterの風船が表示されない原因や対処方法

誕生日を設定していない

まず大前提として誕生日の設定を行っていないと風船が飛ぶ演出は行われません。

プロフィール画面の「変更」から「生年月日」を選択して誕生日の設定を行いましょう。



ちなみに生年月日が変更できる回数には限りがあります。

風船が飛ぶのを見てみたいからと何度も変更したりしているとアカウントロックの対象になってしまうのでくれぐれも注意しましょう。

誕生日の公開範囲が限定されている

生年月日を間違いなく設定しているにも関わらず、フォロワーの友人などから風船が飛ばないと指摘される場合は誕生日の公開範囲を確認してみましょう。

月日の欄が自分のみになっていると風船の演出は自分しか見ることができません。


反対に「公開」にしている場合は全てのユーザーが誕生日を知ることができ、風船が飛んでいる演出を楽しむことができます。

全てのユーザーに対して誕生日を公開するのは嫌だという方は公開範囲を相互フォローやフォローしているアカウントのみに変更しましょう。

アニメーションの量に制限がかかっている

「設定とプライバシー」から「アクセシビリティ」へとお進みいただき、その中の「動きを減らす」がオンになっている場合、風船が飛ぶ演出は見れなくなってしまいます。



こちらの設定になっているとTwitter上で繋がっている他のユーザーの誕生日に風船が見れないだけでなく、ご自身の誕生日であっても風船は飛んでくれません。

リアルタイムでリツイートやいいねの数が増える仕様が煩わしくて「動きを減らす」設定にしている方はこちらをオフに変更して下さい。

風船機能に関する雑学


ここからはTwitterの風船機能に関する雑学をご紹介致します。

風船の数は年齢と同じ?

風船機能がリリースされた当初は風船の数は年齢の数だけ飛んでいたのですが、それだと誕生年を非公開にしているユーザーにとっては不都合が生じるので、現在この仕様は変更されています。

風船は割ることができる

画面の下側から浮かび上がってくる風船のいくつかはヘッダー部分に残ります。


ずっと残ってくれるわけではないのですが、ヘッダー部分にある間に風船をタップすると風船が割れる演出を楽しむことができます。

風船を割っても通知は届きません

風船を割る演出は地味に楽しいので一度覚えると風船に出くわす度に行いたくなるのですが、心配になるのは通知の有無だと思います。

しかし他人のプロフィール画面に表示される風船を割っても通知で相手にお知らせが届くといったことはないのでご安心下さい。