Twitterのセンシティブを解除できない!英語のままの対処方法も【最新】

最新版でTwitterのセンシティブを解除できない(表示できない)原因や対処方法をご紹介します。

iPhone・Android・PC どの端末をお使いでもご参考いただけます。

この記事を書いた人(@twi__info

目次

Twitterのセンシティブを解除できない原因

Twitterのセンシティブを解除できない時は、以下の原因が考えられます。

何度やっても解除できない・解除しても見れない方は、原因を一つ一つチェックしてみてください。

英語でセンシティブを解除できない

ウェブ版にログインした際に、言語が英語になってセンシティブを解除できない場合は、以下の手順で英語のままで解除できます。

まずは「Settings and Support」から「Settings and privacy」→「Privacy and safety」の順に進みます。




続いて「Content you see」へ進み「Display media that may contain sensitive content」にチェックを入れてください。



日本語にして操作したい方は以下の記事を参照ください。

iPhoneはTwitterアプリからセンシティブを解除できない

Android版はアプリから解除できるのですが、iPhone版はアプリからセンシティブを解除できません。

以下の記事を参考にしてブラウザから解除してください。

サブ垢を解除しても本垢のセンシティブは解除できない

アプリからではなく、ブラウザからセンシティブを解除する時は、以前ログインしていたサブ垢(別垢)のセンシティブを誤って解除していないかご確認ください。

サブ垢にログイン中の場合は、ログアウトしてメインのアカウントにログインし直してセンシティブを解除しましょう。

ツイートするメディアをセンシティブに設定している

Android版Twitterからセンシティブの設定を変更する際は、間違って「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する」をオンにしないように注意しましょう。

こちらをオンにしてしまうとフォロワーがセンシティブを解除していない場合、自分の投稿した画像や動画が「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示されてしまいます。

Twitter側の画像解析やセンシティブな画像を表示しているという通報が入っていなくても、問答無用でセンシティブにされてしまうのでお気を付けください。

解除設定が反映されていない

本来、センシティブを解除すると画像や動画はすぐに表示されるようになるのですが、まれに解除設定の反映に時間がかかることがあります。

Twitterアプリをタスクキルして再起動させる、もしくは時間を置いて改めて確認してみてください。

アプリに移動してしまう

SafariやChromeからセンシティブを解除しようとした時に、Twitterアプリに移動してしまう方は、以下の記事を参考にしていただくとアプリに移動しないようにできます。

ウェブ版にログインできない

ウェブ版にログインできなくてセンシティブを解除できない場合は、以下の記事が参考になります。

内容の警告は解除されない

以下のメッセージが表示されているツイートは、投稿者が画像ツイートや動画ツイートごとに設定できる「内容の警告」と呼ばれる新機能です。

内容の警告: ○○○○
ツイートの作成者が、このツイートをセンシティブな内容として設定しました。

内容の警告は、センシティブを解除していても表示されるため、その都度「表示」をタップして見る必要があります。

安心フィルターがかかっている

あんしんフィルターが原因でTwitterが開けない場合は、保護者にあんしんフィルターを一時的に解除してもらうか、Twitterへのアクセスを許可してもらってください。

docomoのあんしんフィルター
docomoのあんしんフィルター(Android編)
auのあんしんフィルター
auのあんしんフィルター(Android編)
SoftBankのあんしんフィルター
楽天モバイルのあんしんコントロール
楽天モバイルのあんしんコントロール(Android編)

年齢制限にかかっている

センシティブを解除さえしていれば、生年月日を登録していなくても18歳未満の未成年であってもセンシティブ判定された画像や動画は表示されます。

ただし、Twitterのヘルプセンターには制限すると記載されています。

Twitterでは、18歳未満の閲覧者やプロフィールに生年月日を登録していない閲覧者に対しては、成人向けコンテンツなどのセンシティブなメディアを制限します。

(参考:センシティブなメディアに関するポリシー

ですので、どうしても解除されない場合は、プロフィールの「編集」→「生年月日」から18歳以上になる生年月日を設定してください。



尚、生年月日を設定する際は、登録時の年齢が13歳以上になるように設定しないとアカウントが使えなくなってしまいます。

登録年月から計算して慎重に設定するようにしてください。

アプリが最新バージョンではない

Androidをお使いの方は、ウェブ版ではなくアプリをご利用の方が大半を占めています。

ウェブ版は自動的にアップデートされますが、アプリは設定によっては自動アップデートされないため、操作画面が変わっている可能性があります。

ですので、以下の記事を参考にして手動アップデートしてください。

Twitter側のバグ

Android版Twitterでは、センシティブを解除すると逆にセンシティブと表示されてツイートが見られなくなるバグが発生したことがあります。

このようなバグが原因でセンシティブを解除できない場合は、バグの解消までしばらく待つようにしてください。

Twitterのセンシティブを解除できない時の対処方法

Twitterのセンシティブを解除できない時は、以下の対処方法を試してみてください。

  • 本記事の解説を参考にして英語のまま解除する
  • iPhoneはアプリではなくブラウザから解除する
  • サブ垢のセンシティブを解除していないか確認する
  • タスクキル
  • 解除設定が反映されるまで時間を置く
  • アプリに移動しないようにする
  • ログインできない時の対処方法を試す
  • 内容の警告は表示をタップする
  • 安心フィルターを解除する
  • 年齢制限に引っかからないようにする
  • アプリを最新バージョンにする
  • Twitterでバグが発生していないか確認する
  • URLをコピーしました!

著者

SNSやスマホ・話題のアプリのハウツー記事を執筆しています。国内で知られていないアプリやウェブサービスも積極的に取り上げています。著者情報詳細

目次