YouTube

YouTubeをアンインストール(アプリ削除)するとどうなる?仕方も解説

YouTubeをアンインストールする方法やアンインストールするとどうなるのか詳しくご紹介いたします。

iPhone版・Android版 どちらのケースも解説しているので、YouTubeの利用をしばらく控えたかったり、不具合解消などの目的でアンインストール(再インストール)をお考えの方は参考にしてください。

YouTubeをアンインストールする方法

iPhoneから行う場合

iPhoneにインストールしたYouTubeをアンインストールしたい場合は、アプリを長押しして「Appを削除」→「Appを削除」の順にタップしてください。




そうすると確認ダイアログが表示されるので、最後に「削除」をタップしていただくと、YouTubeをアンインストールできます。


尚、YouTubeをアンインストールする目的がホーム画面から消したいだけでしたら「Appを削除」でなく「ホーム画面から取り除く」を選択していただいたも構いません。

Androidから行う場合

Androidは最初からYouTubeがプリインストールされており、他のアプリのようにアンインストールすることはできません。

YouTubeが入っていると、ついつい動画を見てしまうなどの理由でホーム画面から消したい方は、以下の手順でYouTubeを無効化してください。

まずは端末の設定を開いて「アプリと通知」→「アプリ」の順に進み、インストールされているアプリ一覧の中から「YouTube」を選択しましょう。




そして「無効にする」→「アプリを無効にする」→「OK」の順にタップしていただくと、YouTubeを無効化できます。



YouTubeをアンインストールしたらどうなる?

YouTubeをアンインストールしてもアカウントが消えたり、以下のようなデータが消えることはありません。

※無効化した場合も同様です。

登録チャンネル
コメント
検索履歴
再生履歴
再生リスト
投稿した動画
購入した動画

YouTubeを再インストールして同じアカウントでログインしていただくと、アンインストール前と全く同じ状態に戻ります。

YouTubeをアンインストールする際の注意点

YouTubeは他のアプリと違って、Googleアカウントが記憶されていると、iPhoneもAndroidも再インストール後に自動的にログインできます。

ですが、お使いの端末にGoogleアカウントが記憶されていなかったり、ログイン情報を忘れてしまうと、再インストールした時にログインできなくなってしまうので注意が必要です。