Zoom

Zoomの招待URLを発行する方法!URLを固定する方法も紹介

Zoomのミーティングに招待するには、招待URLを送るかミーティングIDとパスワードを伝える必要があるのですが、招待URLは参加者の入力の手間を省いてタップ(クリック)だけでミーティングに参加してもらえる点がメリットです。

本記事では招待URLを発行する方法だけでなく、URLを固定する方法も取り上げているので参考にしてください。


Zoomの招待URLを発行する方法【スマホ編】

新規ミーティングから発行

数時間後や数日先にミーティングを行うのではなく、まさに今からミーティングを行いたい場合は、新規ミーティングから招待URLを発行してください。

まずはホーム画面の「新規ミーティング」から「ミーティングの開始」をタップします。



この時、不特定多数のユーザーでミーティングを行う場合は「個人ミーティングID(PMI)の使用」をオフにしておくことをおすすめします。

ミーティングが開始されたら画面下の「参加者」→「招待」の順にタップします。



そうすると少なくとも3つの招待方法が表示されるので、いずれかを選択して招待URLを発行及び送信してください。

メッセージの送信:メッセージアプリが起動し、端末の連絡先に招待URLを送れます。

連絡先の招待:あらかじめZoomに追加している連絡先に招待URLを送れます。

招待リンクをコピー:招待URLだけコピーされるので、各自の連絡手段でURLを送る必要があります。

スケジュールから発行

数時間後や数日先に行うミーティングの招待URLを事前に参加者に伝えておきたい方はスケジュールから発行してください。

まずはホーム画面の「スケジュール」をタップします。


そして、会議名やミーティング開始日時・ミーティング時間などの項目を設定し「完了」をタップしてください。


そうすると招待URLが発行されます。

その場ですぐに招待URLを送らない場合は、画面下の「ミーティング」からスケジューリングしたミーティングへと進み、「招待者の追加」をタップするとURLを送信したりコピーできます。



Zoomの招待URLを発行する方法【PC編】

新規ミーティングから発行

参加人数が数人程度で、主催者がミーティングを開始した直後に招待してもスムーズに集まれそうな場合は、新規ミーティングから招待URLを発行するのが手軽です。

まずはデスクトップクライアントを起動して「新規ミーティング」をクリックしてください。


続いて画面左上のミーティング情報をクリックすると、招待URLが表示されるので「リンクをコピー」をクリックします。



あとは各自の連絡手段で参加者に招待URLを共有してください。

スケジュールから発行

ミーティングの開催が明日以降で、参加者にあらかじめ招待URLを知らせたい方はスケジュールから発行してください。

まずはデスクトップクライアントを起動して「スケジュール」をクリックしてください。


続いて、トピック(会議名)や日付を設定して「スケジュール」をクリックします。


そうすると画面上部の「ミーティング」にスケジューリングした予定が追加されているので、「招待のコピー」をクリックして招待URLを取得してください。

Zoomの招待URLを固定する方法


ここからは招待URLを固定する方法をスマホ・PC別に解説いたします。

招待URLを固定したまま使い回していると、そのURLを知っているユーザーは誰でもミーティング(待機室)に参加できてしまうので、別の集まりでミーティングを行う際はミーティングパスワードを変更するようにしてください。

「ミーティング」→「パーソナルミーティング」→「このミーティングを編集する」の順にタップ(クリック)するとミーティングパスワードを変えられます。

スマホから行う場合

招待URLの固定化はアプリからは行えないので、まずはZoomの公式サイトにアクセスしましょう。

上記のリンクからサインインしていただくとプロフィールの設定画面が表示されるので、パーソナルミーティングIDの「編集」をタップしてください。


そして「即時ミーティングにパーソナルミーティングIDを使用する」にチェックを入れて「変更を保存」します。


これで新規ミーティングの招待URLを固定できます。

PCから行う場合

まずはお使いのブラウザからZoomの公式サイトにアクセスしてください。

上記のリンクからサインインしていただくとプロフィールの設定画面が表示されるので、パーソナルミーティングIDの「編集」をクリックしてください。


続いて「即時ミーティングにパーソナルミーティングIDを使用する」にチェックを入れて「変更を保存」します。


これで新規ミーティングの招待URLが固定化されます。