インスタ

インスタのストーリーでタグ付けする方法(メンション)

インスタグラムは通常の投稿だけでなく、ストーリーもタグ付け可能で、ストーリーに誰が映っているのかフォロワーに紹介することができます。

ここからはストーリでタグ付けする方法やタグ付けできる人数、通知の有無に関して詳しくご紹介いたします。


インスタのストーリーでタグ付けする方法

まずはホーム画面左上のカメラマークをタップしてストーリーに投稿する写真や動画を撮影してください。


ライブラリから写真や動画を選択していただいても構いません。

ストーリーで友達をタグ付けする方法は2通りあります。

オシャレにタグ付けしたい方は「スタンプ」を、20種類以上の中から好きな色でタグ付けしたい方は「テキスト」を使った方法がおすすめです。

スタンプでタグ付け

写真や動画を撮影したら画面上部のスタンプをタップして「@メンション」を選択してください。



そうするとタグ付けの候補が表示されるので、その中から選ぶか相手のユーザーネームを入力してアイコンをタップしてください。


アイコンをタップし忘れると、相手にメンションが届かないのでご注意ください。

あとは「完了」をタップして「ストーリーズ」に投稿すればタグ付け完了です。

テキストでタグ付け

ストーリーに投稿する写真や動画を撮影したら画面上部の「Aa」をタップしてください。


続いて@を先頭につけてタグ付けしたい相手のユーザーネームを入力し、該当する候補が表示されたら相手のアイコンをタップします。


相手のアイコンをタップしないと、ただの文字として認識されタグ付けされないのでお気を付けください。

あとは「完了」をタップして「ストーリーズ」に投稿すればタグ付け完了です。

ストーリーにタグ付けできる人数

ストーリーにタグ付けできる上限は10人までとなっています。

投稿前の編集画面ではスタンプ・テキスト共に10人以上タグ付けできるのですが、実際にタグ付けが反映されるのは最初の10人だけです。

ストーリーのタグ付けはあとから削除・追加できない

フィード投稿のタグ付けはあとから自由に編集できるのですが、ストーリーのタグ付けはタグ付けしたユーザーから苦情があったり、タグ付けし忘れたユーザーがいても、あとから削除したり追加できません。

ですので、ストーリーのタグ付けはフィード投稿のタグ付けよりも慎重に行うようにしましょう。

ストーリーでタグ付けすると通知される?

自分が公開アカウントの場合は、ストーリーでタグ付けすると「○○さんがストーリーズであなたについて書かれました」と相手に通知されます。


そしてタグ付けしたストーリーがDMで送信されます。


自分が鍵垢で相手にフォローされていない場合は、ストーリーでタグ付けしても通知もDMも送られません。