LINE

LINEでビデオ通話できない・映らない原因や対処法

LINEでビデオ通話ができなかったり、音声だけ聞こえてビデオ(カメラ)が映らない時の対処法をご紹介いたします。

LINEでビデオ通話できない・映らない原因や対処法

LINE側の不具合

LINEでは過去に以下のようなエラーメッセージが表示されて通話できない不具合が発生したことがあります。

通話することができませんでした。もう一度かけ直してください。

マイクに問題が発生したため通話が終了しました。端末を再起動してもう一度お試しください。

その他にも通話ボタン自体が表示されなくなったり、グループ通話に参加できない不具合が起きたこともあるので、まずはLINE側で不具合が発生していないか確認してみましょう。

具体的にはLINEのTwitter公式アカウントをチェックしたり、以下のようにツイート検索してみてください。

LINE ビデオ通話できない

LINE ビデオ通話 不具合

LINE ビデオ通話 バグ

LINE ビデオ通話 エラー

通話の着信許可がオフになっている

トーク画面に「○○からの着信がありました。通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません。」という履歴が残っている場合は、以下の手順で着信許可をオンにしてください。

アプリ編

iPhoneやAndroidでLINEアプリをお使いの場合は、まずホーム画面の歯車マークをタップして「通話」へ進んでください。



そして「通話の着信許可」をオンに切り替えていただくと、相手からのビデオ通話に応答できるようになります。

PC編

PC版LINEをお使いの場合は、まず画面左下の「…」をクリックして「設定」へ進んでください。


続いて「通話」へ進み「通話の着信許可」にチェックを入れるとビデオ通話に応答できます。

マイクやカメラへのアクセスがオフになっている

相手からの着信に応答した際に「マイクへのアクセスを許可してください」というポップアップが表示された場合は、以下の手順でマイクやカメラへのアクセスをオンにしてください。

iPhone編

まずは端末の設定を開いてアプリの一覧から「LINE」をタップしてください。


そして「マイク」と「カメラ」のアクセス許可をオンにしていただくとビデオ通話が可能になります。

Android編

最初に端末の設定を開いて「アプリと通知」→「アプリ」の順に進み、アプリ一覧の中から「LINE」をタップしてください。




続いて「権限」へ進み、「カメラ」と「マイク」へのアクセス権限をオンにしていただくとビデオ通話が可能になります。


通話時にマイクやカメラがオフになっている

通話時にマイクやカメラのマークに斜線が入っている場合は、それぞれオフになっているのでタップしてオンに切り替えてください。


通話画面が真っ暗で「通話相手のカメラがオフになりました」と表示されている場合は、相手のカメラがオフになっているので、カメラをオンに切り替えてもらいましょう。

電波の接続状況が悪い


どちらか一方でも電波の接続状況が悪いとビデオ通話が止まったり、途中で切れてしまいます。

モバイルデータ通信とWi-Fiの切り替えや電波の良好な場所への移動、相手側の電波の接続状況を確認するなどしてください。

OSをアップデートする

以下はビデオ通話のエフェクトとフィルターを使用する際の推奨環境ではありますが、エフェクトやフィルターを使用しなくても推奨環境を満たしていない場合は、最新バージョンにアップデートするようにしてください。

iOS 12.0以上
Android 5.0以上(一部の端末ではご利用いただけません)
iPad 4以上(iOS 12.0以上)

(参考:ヘルプセンター | LINE

アプリをアップデートする


OSのバージョンと違ってアプリのバージョンに関しては、LINE側から特に言及はないのですが、不具合の修正版がリリースされている可能性もあるので、自動アップデートをオフにしている方は最新バージョンにアップデートしてください。

PC版LINEを使用する


アプリからビデオ通話できなくても、PC版LINEであればビデオ通話できる可能性があるので、パソコンをお持ちの方はPC版をお試しください。

反対にPC版LINEからビデオ通話できない方は、アプリからかけてみましょう。

オープンチャットには通話機能はない


オープンチャットは友だち以外のユーザーともグループトークを楽しめるのが好評ですが、残念ながら通話機能は搭載されていないので、ビデオ通話することはできません。

オープンチャットから友だち追加してグループ通話できると良いのですが、IDの交換は禁止されているので注意が必要です。