LINE

LINEの「通話中のため」を非表示にして着信相手に通話中だとバレないようにする方法

LINEで通話している最中に他の相手からLINE通話がかかってくると相手側には以下のように表示されます。

「○○は通話中のため応答することができません」

こちら側は通話を切るまで画面に何も表示されず、着信音も鳴らない仕様になっているので通話を邪魔されないという点では便利なのですが、相手に誰と話していたのか問い詰められたりすると厄介だったりします。

そこで本記事では「通話中のため応答することができません」という表示を相手側から非表示にする方法をご紹介いたします。

「通話中のため」を相手側から非表示にする方法

まずは歯車マークの設定から「通話」へとお進みください。



そうすると「通話の着信許可」という項目があるので、こちらをオフに変更してください。


これでLINE通話中に他の相手からLINE通話がかかってきても相手側に「通話中のため応答することができません」と表示されなくなり通話中であることがバレなくなります。

話し中の通話を切ると相手とのトーク画面に「○○からの着信がありました。通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません」というメッセージが残ります。

LINE通話中に他のLINEから着信があった場合の表示

この項目では「通話中のため」を非表示にしていない初期設定を想定して解説しています。

LINE通話中に他のLINEから着信があるとどのように表示されるのか自分側・相手側と分けてより詳しく解説いたします。

自分側の表示

こちらは冒頭で簡単にご紹介しましたが、自分がLINE通話中に他の相手からLINE通話がかかってきても自分側の画面に「○○さんから着信があります」といった案内が表示されることはなく着信音も鳴りません。

LINE通話が終了するとLINE通話をかけてきた相手のトーク画面に「不在着信」というメッセージが表示され、この段階で初めてLINE通話がかかっていたことに気付くことができます。

相手側の表示

一方、LINE通話中にLINE通話をかけてきた相手の画面には「通話中のため応答することができません。しばらくしてからもう一度かけ直してください」と表示されます。


相手側のトーク画面には「応答なし」というメッセージが残ります。

LINE通話中に電話から着信があった場合の表示

LINE通話中に自分の携帯番号に着信があった場合は以下のように表示されます。

※解説に使用している端末はiPhoneです。

自分側の表示

以前は電話着信があるとLINE通話は強制的に終了となる仕様だったのですが、現在は強制終了することはなく自分でどのように対応するのか決めることができます。

バツマーク(かかってきた電話を切る)

終了して応答(LINE通話を終了して電話に出る)

保留して応答(LINE通話を保留して電話に出る)

留守番電話に転送する

相手側の表示

以前は自分側に電話着信があると相手の画面に「相手が電話を着信しました。しばらくしてからもう一度かけ直してください」と表示されていました。

しかし、現在はかかってきた電話着信に対してケースバイケースで対応することができるので、その対応によって相手側の表示は異なります。

自分が電話着信を優先して「終了して応答」を選んだ場合は相手のトーク画面に通話時間が記載されたメッセージが残ります。

補足

電話を着信していないにも関わらず、相手の画面に「相手が電話を着信しました」と表示されてLINE通話が終了することがあります。

この現象は自分がTwitterやYouTubeなどの動画を再生しながらLINE通話している時に起きることがあります。

電話中にLINEから着信があった場合の表示

最後に070や080、090などの電話番号で電話している最中にLINEから着信があった場合の表示についてご紹介いたします。

※解説に使用している端末はiPhoneです。

自分側の表示

電話中であってもLINEからの着信を確認することができ、以下の画像のようにどう対応するか自分で選択することができます。

相手側の表示

自分がかかってきたLINE通話に対してどう対応するかによって相手側の表示は異なります。