TikTok

TikTokの裏垢(サブ垢)の作り方!絶対にバレない作成方法を紹介

TikTokで本垢以外の2つ目のアカウントを作りたい方、とりわけリアルな人間関係を持ち込まない裏垢(サブ垢)を作りたい方向けに、友人や知人にバレないアカウントの作り方をご紹介いたします。


TikTokで裏垢を作る前に


友人や知人にバレないアカウントを作りたい方は、動画の投稿は控え、閲覧専用のアカウントにするようにしてください。

後述している方法で作成したアカウントであれば、バレる可能性は極めて低いのですが、投稿した動画がTikTok上やその他のSNSで話題になってしまうと、どうしてもバレる恐れがあります。

閲覧専用のアカウントといっても、いいねやコメント・メッセージなどの交流は問題なくお楽しみいただけます。

どうしても動画を投稿したい場合は、アカウント作成後のプライバシー設定で解説している非公開アカウントにしてください。

TikTokの裏垢の作り方


TikTokは電話番号やメールアドレスをはじめ、以下の6つのSNSアカウントとの連携でアカウントを作成することができます。

•LINE
•Twitter
•Googleアカウント
•Facebook
•Instagram
•カカオトーク

ですので、2つ目以降のアカウントを作るのは決して難しいことではないのですが、垢バレしないアカウントを作りたい場合は、新規作成したメールアドレスでの登録が最もおすすめです。

他のSNSアカウントと連携させる場合は、リア友と繋がっているLINEは避け、プライベートで使用していないSNSのアカウントを作成してTikTokと連携するようにしましょう。

その際にも知人と繋がっている電話番号やメールアドレスを使ってSNSに登録しないことがポイントです。

メールアドレスを新規作成してTikTokに登録する方法


ここからは本記事で推奨しているメールアドレスでの登録方法について解説いたします。

以下に3つのフリーメールサービスを取り上げているので、まずはいずれかでメールアドレスを作成してください。

Microsoft運営のOutlookは電話番号や連絡先用のメールアドレスを登録する必要がないので、おすすめです。

Gmail

Yahooメール!

Outlook

メールアドレスを作成する際の注意点としては、@より前の部分がTikTok内でのIDになるので、本名や身バレに繋がるニックネームは避けるようにしてください。

メールアドレスの作成が完了したら、TikTokを開いて「マイページ」から三本線マークの「メニュー」へと進みます。


続いてログイン中のアカウントをタップして「アカウントを追加」→「電話またはメールでサインアップ」の順に進みます。



ここで先ほど作成したフリーメールを登録して、8桁以上のパスワードを設定してください。



最後にパズルを使った認証作業を行えばアカウントの作成は完了です。

アカウント作成後のプライバシー設定

裏垢が完成したら「設定」から「プライバシー設定」へと進み、「新規ユーザーへのおすすめ許可」をオフにしてください。




全く繋がりのないメールアドレスで登録しているので、友人や知人のアカウントに対しておすすめされる心配はないのですが、本垢と裏垢との関連性から、おすすめされる仕様に変わる可能性もあるので、念には念を入れておきましょう。

加えて動画の投稿も行う予定の方は非公開アカウントに切り替えるようにしてください。

まとめ

TikTokの裏垢(サブ垢)の作り方は以上です。

本記事でご紹介した作成方法であれば、リア友にバレる心配はありませんが、端末を盗み見られる危険性などには十分ご注意ください。